あけましておめでとうございます!

こんばんは。竹内亮介です。

新年、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

僕は元旦は、
ゼミ生やコンサルティング生にメールを送ったり、
自身の物販の利益計算などをしたり、
テレビを見たりしてゆっくりしていました。

元旦ですが、僕は毎日元旦のようなものなので、
そんなに特別な感じはしませんね 笑

(むしろ皆休みだし、どこに行っても人が多いし、
家に居たい気分です。)

去年は、急激な円安などもあり、
Amazon輸入プレーヤーにとっては
大きな変化のあった一年だったかもしれませんね。

しかし、僕は全く影響はなく、
むしろ利益は上がっていました。

クライアントからも、
新年の挨拶と成果報告が届き、
結果を出している方が多かったです。

(ゼロから見ている方が大きく結果を出すと感動ものです!
成果報告はまたメルマガで紹介します!参考にしてみてください。)

円安により、為替や環境に関係なく
安定して稼ぐ力を身につけることが最も大切だと
強く感じています。

今年は、引き続きAmazonを使った物販を中心に、
稼ぎまくりたいと思います。

そして、どのビジネスでもしっかりやれば稼げると思っていますが、
僕は、僕がやってきたAmazon輸入に絞り
ブレずに今年も情報発信していこうと思います。

Amazon輸入は、めちゃくちゃ稼げるビジネス・市場だと、
僕自身もプレーヤーとして稼ぎながら伝えていきたいと思います。

僕は机上のコンサルタントではなく、
いまだに自分でリサーチ、交渉をしています。

(正直、リサーチ、交渉は誰にも負けないくらい自信があります)

今年は、僕のことを信じてくれる方に向けて
今月末に自身のノウハウを詰め込んだ
Amazon輸入書籍も出版します。

(僕の書籍により、Amazon輸入実践者のレベルが急激に上がるのは
言うまでもありません。
現在進行形の稼げるノウハウを書きました。)

今年は、Amazon輸入で人生を変える方が、
さらに増えると思います。

Amazon輸入ビジネスで、ストレスなく、
人間らしく豊かに暮らせる人が増えれば、
これほど嬉しいことはありません。

今年は自分でもさらにさらにAmazon輸入で圧倒的に稼ぎながら、
その現在進行形のノウハウを教えていこうと思っています。

あなたの役にたてるような最先端の情報をお届けできればと思います。

輸入ビジネスコンサルタントとして、
今まで以上にあなたのお役に立てるよう頑張ります。

あなたは、今年はどんな目標を立てたでしょうか?

目標は、僕自身もそうでしたが、
紙に書くと叶います。

さらに、その目標を強固にするために、
人に宣言するのがいいでしょう。

(宣言することで、その目標を叶えるしか手段が無くなります。)

お正月はお休みだと思いますので、
今年一年の目標を決めて見てはいかがでしょうか?

そして、
目標を紙に書いて、いつも見えるところに
一年間、貼っておくといいですね。

Amazon輸入の場合は、月収いくらでもいいですが、
月収は、物理的に考えると、
仕入れ金額によって決まりますので、
月の仕入れ金額を目標にしてもいいですね。

(月いくら仕入れる
→週にいくら仕入れる、
→一日いくら仕入れるなど。)

(儲かる商品を一日5個見つける!など
ノルマを課すのも有効です。)

この一年があなたにとって、
素晴らしい一年になりますように祈っています!!

2015年は、
一緒に素晴らしい一年にしましょう!!

竹内亮介

◆雑記(ひとりごと)

今月末に出る書籍の最後の編集作業が5日までなので、

これから終えたいと思っています!

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>