今年もありがとうございました!

こんばんは、竹内亮介です。

今年もありがとうございました!

2014年も残り数時間になりますね!

今年はいかがでしたでしょうか?

振り返れば、
僕自身は、ビジネスもプライベートも充実した、
良い一年でした!

ビジネスの方は、
今年の最初に掲げた月利200万円という目標を
2月に早々と達成してしまったりと
個人的に飛躍した一年だったなと思っています。

(ちなみに2月に目標の倍の月利400万円以上稼ぎました)

9月には出版が決まったり、
自慢ではありませんが、
やることやることサクッと結果を出すことができました。

なぜサクッと目標を達成できたのか自己分析してみると、
やはりこれは、
僕が常々メルマガで言っているように、
僕自身の「素直さ」が大きかったなと思っています。

そして、僕は、ブレずに
「一点集中」をしたからです。
上記二つに尽きると思っています。

最初は成功者の真似でいいと思いますが、
自分で「一点集中」してどんどん進んで行くと、
その成功者も言っていないような、
独自ノウハウも生まれます。

この独自ノウハウさえ確立してしまえば、
一気に飛躍することができると個人的には思います。

(Amazon輸入でいうと、
camelcamelcamel、メーカー卸、独占販売権がいい例です。
これが僕がこの業界で最速で駆け上がれた独自ノウハウです。)

現在、様々な状況の方がいるとは思いますが、
ニート・無職、何もなかったような僕、
病気さえした僕が
ドン底からここまで成果を出せてきたので、

「素直」に「一点集中」で行動すれば、

「あなたにもできる!」

「誰にでもチャンスはある!」

と僕は本気で思います。

(メルマガで一貫して言っていることですね!
情報発信でも僕はブレません!)

そして、僕だけでなく、
今年は全くの未経験、資金ゼロから
数々のクライアントの方が結果を出すことができました!

個人的には、
僕を信じてくれたクライアントの方が結果を出すことは
自分自身の結果と同じか、それ以上に嬉しかったです。

今年ゼロから最も結果を出した、
僕と価値観の最も合うクライアントの方とは、
来年は一緒にビジネスをすることも決まりました。

(少人数精鋭で、爆発的に稼いで、
圧倒的に自由な会社を作っていきたいと思います!)

今年は最高の一年でした!

Amazon輸入は今後もさらに発展していきますので、
すでに実践している方は、(これから実践する方も)
来年、さらにさらに頑張りましょう!

(個人的にはこれだけで億を狙える市場だとも思っています。)

それでは、1年間、ありがとうございました!!

2015年1月には自身の初の書籍も発売されますので、
ことらもどうぞよろしくお願いいたします!!!!!!!

竹内亮介

◆雑記(ひとりごと)

昨日は、朝4時には起き、
お兄さん的存在である福島哲也さんと話したり、
親友の神岩英司さんと一緒に高級寿司を食しました。

その後は、アメ横に行き、
ウニ・イクラ・タラコ・海老・タコ・ノリなど、
好きなものを買いあさり、
正月に自身がゆっくり食べるものを仕入れまくりました。
(ウニが今年は高かったです!)

その後は家族と会って上野で飲み、
その後はパートナーと話して帰りました。

そして、昨日はかなり疲れて
本日は夕方に起きました 笑

来年もマイペースにやっていきますが、
どうぞよろしくお願いします。

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>