FBA納品代行会社を使うタイミング

こんばんは、竹内亮介です。

メルマガ読者さんやコンサル生から、
納品代行業者をいつから使うのがいいのか
よく質問を受けます。

そこで本日は、
納品代行業者についてお話しします。

〜なぜ納品代行業者を使うのか〜

サラリーマンの方で副業で実践したい場合は、
日中自宅にいないことの方が多いので、
海外からの荷物をなかなか受け取れないと思います。

また扱う商品が増えて来ると、
自宅での仮起きスペースが必要になりますし、
FBA納品作業に手間と時間を取られることでしょう。

こういったことを解決するために、
転送業者からまとめて輸入した商品は、
納品代行業者へ送ると作業を効率化することができます。

Amazon輸入ビジネスは、
FBA納品代行業者を利用できるので、
海外からの商品受け取り、
検品、FBA納品も全て外注することができます。

〜納品代行業者を使うタイミング〜

最初は自分の自宅へ送り、
自分で商品を受け取り、
個々の商品を確認するのがいいです。

商品ラベルや配送ラベルを貼り、
FBA納品するという一連の作業を
最初は全て自分でやるのがいいです。

何を外注しているのかがわからないと意味がないので、
一連の流れを全てやってみて、
理解してから外注化することをお勧めします。

一度でも自分でやれば、
一連の作業を理解できるはずです。

〜納品代行業者の探し方〜

納品代行業者を探すには、
Googleで「FBA 納品代行」などと検索すれば、
たくさんの業者が出て来ます。

僕自身も色々と良い業者を探したことがありましたが、
安くても、サービスが悪い、ミスが多い、
作業が遅いなどあったりしますので、
一概にどこがいいとは言えません。

また、家族や友人が、業者より安く手伝ってくれる場合には、
代わりにやってもらうというのも手です。

自宅でできる仕事ですので、
なかなか外で働けない方も喜びますし、雇用創出にも繋がります。

〜まとめ〜

納品代行業者を使うことにより、
「商品リサーチ」「仕入れ」という
利益に直結する作業のみに専念できるので、
利益を増やすことができます。

商品を自分で見なくても販売できるようになります。

PC一台で作業でき、
時間と場所に余裕が生まれることになりますので
ぜひ積極的に使うことをお勧めします。

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>