普通の大学生が月利10万円達成

こんばんは、竹内です。
 
先月、
大学生が月利8万円稼いだ方法を
お伝えしました。
http://takeuchi01.com/?p=595
 
 
読んでいない方のために説明すると、
その方法は、
アメリカAmazonから仕入れ、
日本Amazonで販売するという、
単純な小売転売のみでした。
 
 
ノウハウ通りのシンプルな方法だけでも、
まだまだAmazon輸入転売は稼げるのだな
と実感しました。
 
 
 
そして先日、その大学生に
一ヶ月後にお会いしたところ、
今では楽勝で月利10万円を
超えていました。
 
 
 
では、どうやって月利10万円を
達成できたのかというと・・・
 
単純転売で8万円を稼いだあと、
海外セラーと直接取引を
開始したからです。
 
 
 
僕がメルマガで取り上げ、
今後は直接取引を推奨したところ、
 
それを素直に実行し、
今では海外セラーとの交渉を
ガンガンしているということです。
 
 
そして話を聞くと、
月利10万円→30万円→50万円も
見えているということです。
 
 
 
正直、月利10万円の壁を越えるのが一番辛いと思います。
(僕自身も本業で半年以上かかり
地獄のようでした)
 
 
最初の0→10は、
とんでもなく遠い壁のように感じるのですが、
 
10→30→50は、今やっていることを
増やして行くというイメージなので、
0→10よりは比較的簡単に達成できます。

camelcamelcamelの登録商品をさらに増やしたり、
セラーやショップやメーカーも、
数多く交渉し、
コツを掴んでくれば、
比較的あっさりと見つけることができるようになってきます。
(これには数や経験が大事です)
 

なにもわからない不安な中、
ただひたすら漠然と10万円を目指すより、
 
10万円を稼げるようになったのなら、
ある程度の輸入ビジネスの知識もついてきますよね。
 
 
トラブルも経験し、それを乗り越え、
段々自信もついてくるものです。
 
 
そうなってくれば、
どんどん直接取引ができるようになったり、
自信を持ってリサーチ、仕入れ判断ができるようになり、
仕入れ量も増やしていけます。
 
 
10万円を達成すると、
基本ができてくると思うので、
後は仕入れ量を増やすだけです。
 
 
 
そして、彼がなぜこのように行動できるのか・・・
 
僕がその大学生と話していて思ったのが、
圧倒的に素直だということです。
 
 
 
そしてガッツもあるので、
素直にどんどん行動していったのがわかります。
 
 
・円安だから稼げない
・Amazon輸入は飽和してるからもう稼げない
 
 
 
環境やノウハウのせいにして嘆いてばかりでは
いつまでも成長はないですし、
いつまでも稼げるようにはならないです。
 
 
 
まだ社会人経験もない、
どこにでもいそうな
ごくごく普通の大学生が、
Amazon輸入転売で
月利10万円を稼げるようになっています。
 
 
 
そして、
これからもどんどん稼ぎを増やして行くでしょう。
僕自身もそうであったように、
何の取り柄もない、
弱小の個人でも、
素直な行動のみでどんどん駆け上がっていける。

それが僕は、
Amazon輸入ビジネスの魅力だと思っています。

竹内亮介
 

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!
 

~きまぐれ雑記~

今日から4月ですね!!!!!!
新たな気持ちで頑張りましょう!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>