質問の仕方で人生は変わる

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、質問の仕方で人生は変わる
という話をします。

先日、竹内コミュニティIBC内で、
「(Amazon輸入以外の)事業が倒産しそう
経営者先輩たちに、アドバイスをもらいたい」
という、質問投稿がありました。

しかし、この方は、
こんな倒産しそうな大変な状況にも関わらず、
質問内容が不明瞭で、詳細な情報が何もなく、
何の事業をやっているのかすら
わからない質問投稿で
誰もアドバイスできなかったのです。

人生に関わる大事な質問、
大きくお金が変わる質問なら、
3分でテキトーに送るより、
15分とかを使って
何の事業をしていて、
こういう理由で倒産しそうなど、
もっと丁寧に詳細に質問を送った方がいいのです。

僕なら、本当に人生が変わる場面なら、
メール1通1時間かけてでも
丁寧に詳細なメールを、
あれこれ考えながら作成します。
(これは質問だけでなく、
大事な交渉でもそうです。)

こういうことの積み重ねで、
ビジネスがある程度上手くいっています。

多少時間がかかっても
明確なアドバイスをもらえれば、
事業が倒産せずにすむかもしれないのです。
手元のお金が大きく変わる可能性があったわけです。
(1時間で事業が倒産せずにすめば、
時間帯リターンは大きすぎます。)

そして、さらに補足すると、質問は、
改行をしたり、行間を考えて
相手に読みやすいか考えたり、

メールの最後に、
「お手数ですが、お時間のあるときに
ご回答いただければ助かります。」
などと言い回しに気をつけるだけでも、
印象は全然変わります。

というわけで、
明確な回答を得たい大事な質問なら、
しっかり相手にわかるように、
言い回しなどにも気をつけて
時間をかけてでも、丁寧に質問することをお勧めします。

しっかり相手の立場に立って
丁寧に質問する人は、
より良いアドバイスをもらえたりしますので、
稼ぎが増し、人間関係も良好になり、
人生がぐっと良くなっていきますね。

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>