輸入ビジネスのセミナーに参加してきました

昨日、
前回のメルマガで紹介したセミナーに参加してきました。
前回記事→ http://takeuchi01.com/?p=321
 
 
 
直前で僕のメルマガで紹介してしまったため、
なんと定員オーバーになってしまい、
急遽、最後列に、机なし・パイプ椅子の座席が設置されるほど
大盛況のセミナーでした!
 
 
 
ちなみに、時間ギリギリに行った僕が、
この机なし・パイプ椅子の座席に座ることになってしまいました 笑
 
 
 
しかし、あまりに中身の濃いセミナー内容だったため、
僕自身は大満足でした。
 
 
 
講師は全く表に出ていない(今後も一切出る予定はない)、
現役バリバリの輸入プレイヤーだったため、
話す内容が実用的で、最初の一言目から聞き入ってしまいました。
 
 
 
 
某有名情報発信者の方々や、某有名塾長も、
受講者側でこっそり参加していたほどだったのですが、
講師のレベルがいかに高いかが感じられましたね。
 
 
 
セミナー内容は、セールスレター通り
直接取引の中でも最も上流の、
メーカー仕入れの方法、実態などを詳しく教えてくれました。
 
 
 
そして、実際に交渉している英文、
実際に卸せるメーカー3社まで教えていただき、
参加者はセミナー中に交渉メールを送るワークまでありました。
おいおい、普通にメーカー教えてるよ!
と僕の中では結構衝撃的でした 笑
 
 
 
参加した方は、実践すれば
これだけでも毎月30万円くらい稼げるのではないか?
と思ったほどでしたね。
 
(コンサル生を連れて来たかったです・・・)
 
 
 
参加した方は非常にラッキーだったと思います。
 
 
 
 
やはりセミナーやサービスに参加する際は、
料金が高いか安いか、ではなく、
 
 
料金をペイできるかできないか、
 
料金以上のリターンがあるかないか、
 
 
 
という思考で考えた方がいいですね。
 
 
 
 
今回のセミナーは料金以上に
圧倒的にリターンの方が大きかったのではないかと思います。
 
 
 
このセミナーでもそうでしたが、
やはり欧米輸入の戦い方としては、
単純な商品リサーチというより、
 
長期的に、
安定的に稼げる仕入れ先を見つけ、
そして交渉するスキルを身につける、
ということに注力することの方が大事です。
(オンラインでもオフラインでも)
 
 
このような戦略なら、
単純作業は任せるにしても、
一人でも手間暇かけずに、
安定的に大きく稼ぐことができるようになりますよね。
 
 
 
「卸せるメーカーを公開」
ということで、
ちょっと僕の中ではブッ飛んだセミナーだったのですが、笑
 
 
懇親会、二次会と、主催者・講師とも密に話すことができ、
非常に充実した一日を過ごすことができました。
 
 
 
主催者の方や講師の方、参加者の皆様には非常に感謝しています。
ありがとうございました。
 
 
 
 
セミナー後、メルマガ読者の方にもお会いしたので、
「今日のセミナーどうでしたか?」
とお聞きしたところ、
 
「ちょっと難しかった。」
と言っていた方もいましたので、
 
若干、上級者向けだったのかもしれません。
 
 
 
 
それでも、卸せるメーカーと繋がったと思いますし、
実際に桁違いに稼いでるプレイヤーの話を生で聞けたので、
このセミナーをきっかけに、
これからガンガン稼いでいってほしいです!
 
 
 
僕も、セミナーに参加したことで、
もっと頑張ろう!と思えました!
 
 
 
欧米輸入だけでも十分稼ぐことは可能ですので、
引き続き一緒に頑張っていきましょう。
 
★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!
 

~きまぐれ雑記~

昨日は終電帰りだったのですが、
帰る間際まで、メルマガでは絶対に書けないような裏話が
ガンガンに飛び交っていました 笑
やはりこういった交流は最後まで残った方がお得です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>