収入を10倍にする方法

こんばんは、竹内亮介です。

10月30日、31日と
千葉の房総へ旅行に行きました。
僕も含めて3人でいきました。

旅の写真はコチラ
http://takeuchi01.com/1870/

一緒に行った2人の方は、
昨年の1月から僕の稼ぎ方を
直接会って教えた2人でした。
当時は彼らは、ひたすら労働して
月利30万円程度でくすぶっていました。

竹内の稼ぎ方を昨年から教えて
彼らはひたすらやりこみ
今では月利300万円程度を稼げるようになっていました。
(資金があればいくらでも稼げる状態です)

1年半前の収益の
実に10倍増えていることになります。
(サラリーマンではあり得ない伸び率ですね 笑)

出会った当時は、正直冴えない雰囲気が出ていましたが、
今ではかなり自信を持っている様子で、
生き生きしていました。
(二人とももちろん独立しています。)

しかも驚く事に彼らの労働時間は
1日1〜2時間程度なのです。
(旅行中も誰もPCを開いていないほどでした 笑)

収入は10倍になっているのに、
労働時間は10分の1程度になっています。

この二人は、僕の方法で最も大きな結果を出した
月利300万円プレーヤー2名だと思っています。
そして、僕のことを
最も慕ってくれて最も行動した2人だと感じます。
(もちろん全て僕のお陰などと申し上げるつもりは無く、
当然彼らの努力の賜物ですし、
ご自身の独自ノウハウはやっていくうちに出てきたと思います。)

2人とは、30日の昼に、
僕の奥さんと子どもも一緒にランチを食べました。
本当に楽しく充実した一時でした。

この2人と、
僕のやり方を素直に実践しない人を比べると
結果が歴然に違っていると感じています。

コンサルティングをしても、
あまり言う事を聞かず素直に実践しない人も
もちろんいます。
途中でブレて輸出とか中国輸入に目を向ける方もいました。
そういう人は稼げるようになっていません。

(自分で言うのもむず痒いのですが、)
やはり結果を出している人の
やり方やノウハウを真似て愚直に行動し続ける人ほど、
結果を出すものだなと思います。

僕が繰り返しメルマガで言うように、
「こんな結果を出したい」
「こんな生活をしたい」
「これだけ稼ぎたい」
という自分のなりたい人生を
実現している人がいるならば、
その人の言う事を実践するのが一番の近道です。

今回の房総旅行へ一緒に行った2人は
今では僕のAmazon輸入の稼ぎと
匹敵するほど稼げています。
人柄も非常によく素直に学ぶ姿勢が素晴らしい方々です。

あなたも収入を10倍に伸ばすには、
自分より収入が10倍の人は何をやっているかを調べて、
その収入が10倍の人から学び、
その通りに実践し続けることが大切ですね。

Amazon輸入で
1日1時間〜2時間程度で
月利200万円〜300万円を稼ぐためには、
僕の「いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意」が
あなたのお力になれると確信しています。
とても再現性のある方法です。
http://takeuchi01.com/tachiyomi/

今回旅した月利300万円プレーヤーたちも、
この本の手法をやってきて
ステップアップしてきました。

大きく稼いで収入を10倍にするには、
本の200万円稼ぐステップに書いているメーカーから卸す方法など、
最後まで読んでしっかり実践してみるといいです。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>