竹内作成のメーカー卸教材を配布します

こんばんは、竹内亮介です。

「書籍を読んでいただいた方に
Amazon輸入を実践していただき、
一人でも多くの人に稼いでもらう事。」
の目標達成のため、

個別コンサル生の募集をしています。

コンサルでは、
竹内作成のメーカー卸教材を配布します。
※年間コンサル生限定

メーカー仕入れにはメリットがたくさんあります。

・価格競争になるリスクがほとんどない
http://takeuchi01.com/1990/

・偽物を扱い、Amazonのアカウント停止
になるリスクがない
http://takeuchi01.com/1992/

その他にも、僕が大きな恩恵を被っているのは

「メーカーは常に商品を製造しているので、
新商品でも稼ぐことができる。」

ということです。

例えば、わかりやすいように大きなメーカーを例にしますが、
Appleの場合、iPhone5が売れたら、iPhone6も売れます。
アップルジャパンは当然のことながら両方で稼げます。
(しかもiPhone7,8,9・・・と永続的に稼げるでしょう)

ソニーの場合は、プレステ3が売れたら
プレステ4も売れるといった具合です。

よって、新商品をリサーチしなくても
稼ぎ続けることができます。

また製造元と繋がることによって
ヒット商品を開発することだってできます。
メーカーと繋がる可能性は無限大です。

僕はメーカーと繋がることは
今後の物販ビジネスにおける資産だと思っています。
(大げさかもしれませんが
人生の資産だと思っているほどです)

最近では、ツールとか、外注化とか
そんなものは基本的に僕にとっては重要ではなく、
最終的には儲かるメーカーと繋がれるか繋がれないかが
Amazon輸入でお金持ちになり自由な時間を得る全てだと思っています。

ゆえに、僕がやっているメリットの多い
現時点の竹内のノウハウの全てを詰めた
メーカー卸のノウハウを
年間コンサル生限定の教材にして配布しようと思った次第です。
(日々実践していく中でどんどん進化しています。)

国内、海外メーカー、両方の
竹内のメーカー卸ノウハウを全て書こうと思います。

無駄に大ボリュームのものは作成しない予定ですが、
全ての大事なポイントをまとめます。
(大ボリュームの教材でも実践できなければ
意味はないので。)

・海外メーカーリサーチ方法
・国内メーカーリサーチ方法
・ライバルが少ない未開拓海外メーカーの見つけ方
・卸交渉をする際に外せないポイント
・メーカー卸の成約率を7倍上げる裏技
・メーカー契約後の5つのポイント
・メーカー契約の交渉術
・竹内流、究極の参入障壁を作る交渉術
・独占販売権を獲得する方法

などなど、
メーカー仕入れはもちろん、
独占販売権を獲得する方法や、
ライバルを参入させない方法など
本には書けなかった竹内が思考を使って考えて
この業界で荒稼ぎし続けている手法を教材にして配布します。

竹内がこの業界で成り上がった
もっとも得意としている
メーカー直仕入れノウハウを
年間コンサル生限定で配布します。

また、セラーリサーチ、
相乗りでメーカー卸をする方法だけでなく、
未開拓のメーカーを探す方法も教えます。
(竹内が現在進行形でやっている手法です。)

普通にメーカー仕入れをしてるだけでは
他のセラーと被りますし、今後稼ぎにくくなります。

一緒にガツガツ行動していき、
共に成長していきましょう。

僕はセミナーは実は一度もしていません。
こういった少人数の個別コンサルやコミュニティに力を入れているからです。

拙著「いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意」
の200万円稼ぐステップよりさらに踏み込んだ
メーカー直仕入れ、Amazon欧米輸入で稼ぐ真の極意を伝授します。

ぜひ竹内作成のメーカー卸教材が
あなたのお役に立てれば幸いに思います。

なお、メーカー卸と聞いて
少し上級者向けに感じる方もいるかもしれません。

私にはまだ早いと思ってる方もいるかもしれませんが、
メーカー仕入れは実は誰でもできます。
コンサル生でも開始一ヶ月目で出来る方は多いです。

メーカーによりますが、
大量に購入しなくても直接購入できる所もあります。
メーカーによっては一個からOKというところも実はあります。
コンサルでは、少量でも購入できる究極の交渉術も教えます。

(まぁいずれにしても最初から大量購入はリスクがあるので、
ステップアップしながら教えていきますので
ご安心ください。)

コンサルに興味のある方はお早目にご応募ください。

直接指導の年間コンサル生は、残り枠わずかです。
(僕の身体は一つなのでご了承ください。)

コンサルティング実績&推薦文
http://takeuchi01.net/l/c/3aAOomzi/mzBmKRzi

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>