結婚&出産の報告

本日は、私事ではありますが、
結婚&出産の報告をいたします。

■結婚しました■

本の「おわりに」の部分にも書きましたが、
今年に結婚することを決めていて、
2月14日のバレンタインデーに籍を入れました。

相手は、このメルマガを通じて
ビジネスで知り合った方です。

僕のメルマガも初期の頃から読んでくれている方ですし、
僕のこと、仕事のことを誰よりもよく理解してくれて
価値観もかなり合います。

それなので、
ビジネスでもプライベートでも価値観の共有ができる方です。

情報発信をすると価値観の合う人が集まってきますので、
やはりこうして情報発信をしていてよかったと思います。
(僕はこの結婚を、ダイレクトレスポンス結婚と呼んでいます 笑)

そして、どのような奥さんかというと、
高学歴で海外在住歴が長く
英語やスペイン語も堪能な方で
自分でビジネスもして
月収100万円程度を稼いでいる方です。
(ちなみに、僕が輸入業を教えていますので、
奥さんも海外メーカーの独占販売権を持っています!笑)

職場、学生時代のつながり、
友人の紹介で結婚する人が多いですし
合コンやナンパなどで恋人と出会い、
結婚するのもいいと思いますが、

僕自身、自分のメールマガジンを通して知り合ったので、
今の時代、インターネットを使って、
価値観や趣味などの合う人を見つけるのも
とても効率良くいいものだな思います。
(SNSサイト、インターネットを通じて結婚する人は
今後もっと増えると思っています。)

僕ももう31歳ですし、
色々と総合的に考えて
ここまでベストな人は他にいないというのが
結婚の決め手でした。

今後は奥さんは僕の会社に入り、
圧倒的に稼ぎながら
ビジネスとプライベートを充実させ、
一緒に頑張っていこうと思います。

■子どもが生まれました■

そして、今月に子どもが生まれ
長男を授かりました。

奥さんの実家にしばらくいたり、
病院で立ち会いもしました。

(時間や場所の制約がないのが
このビジネスのいいところだと改めて実感しました。)

産まれる瞬間も見ていましたが
それはそれは感動モノでした。

奥さんもずっと頑張っていましたので、
無事に産まれて本当に嬉しそうでした。
(妊娠しながらも月収100万円程度を稼いでいました 笑)

法人化したとき、
出版したときも感じましたが、
結婚して子どもを授かるというのは
それ以上に責任感が生まれました。

(今までは自分一人がよければそれでよかったので自由気ままでしたが、
そうではなくなるので。)

子育てはサラリーマンではなかなかできないことなので、
子どもといる時間をなるべく多く取り
今後は、逆に子育てを頑張ろうかなとも思っています 笑

ビジネス仲間からは、
「竹内さんほど短期間で
ここまで人生を変えた人はなかなかいませんね」
と言われます。

僕の人生は山あり谷ありで、
3年前まで絶体絶命の状態で、本当に色々ありましたが、
自分の人生を諦めなければ
良いことは起こるのではないかと思っています。
(最近は幸せ続きで驚くほどです。)

今後も、「人生は短期間で変えられる」ということ
また、その「変え方」も
情報発信していこうと思っています。

よりいっそう頑張りますので、
今後ともよろしくお願いします!

ちなみに、本日は僕の会社の設立日でもあります!(一周年です!)

記念日だらけの春です!

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>