ゼロ→1の作り方

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、ゼロ→1の作り方についてお話します。

なぜこのような話をするのかというと、
本を出してから頻繁にメッセージをいただくようになり、
以下のようなメッセージをいただいたからです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

竹内さん。

初めまして。●●と申します。
毎回メルマガを読まして頂いてます。

自分は昨年の11月より輸入ビジネスを始めました。

最初は単純転売で利益が出る商品を探していたのですが、
全然見つからずに諦めようとなった時に、
竹内さんのメルマガに出会いました。

竹内さんのメルマガを読むようになって、
価格交渉やメーカーとの取引をするようになって、
ちょっとずつではありますが、利益が出せるようになりました。

そんなときに本を出版されたというメルマガを頂き、
速攻予約をしました。

自分の0→1を作って頂き、
ほんとうにありがとうございます。

メールではありますが、お礼を言われて頂きたいと思い、
連絡させて頂きました。

本当にありがとうございます。

今後も有料級のメルマガ楽しみにしています。

●●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本を出してから、
初心者で輸入未経験の方と
関わらせていただくことが多くなりました。

おそらくまだゼロという方も多いと思いますので、
本日は、ゼロ→1の作り方をお話ししようと思った次第です。

ゼロ→1の作り方は、

Amazonの販売アカウントを作成
Amazonの仕入れアカウントを作成
ebayのアカウント作成など、
まずは各種登録作業をしてください。
インターネットで商売をするとなると、
どうしても各種登録作業が必要になってきます。

本を読んでいるだけでは収入は1円も入って来ません。
本の勉強も記憶も必要ありません。
手を動かして進めていきましょう。

本を読んでも実践する人はほとんどいませんので、
ガンガン行動していくことが大事です。

そして本の通りに、
ガンガン商品リサーチをします。

最初は失敗をしてもいいので
どんどん仕入れをしてください。
(リサーチだけしていて
仕入れをしない人は成長しません。)

どんどんリサーチして、
どんどん仕入れをしてください。

その際、最初から利益率を気にする必要はありません。

最初から利益率の高い商品を探していると
いつまでも仕入れができなくなるので
まずは売り上げをあげることが大事です。

(最悪トントンくらいでもかまいません。
一連の流れをどんどん経験することが大事です。)

(トントンで利益ゼロでも、
カードのポイントが貯まり、
さらに経験値も貯まるので、
決して全てがゼロではないのです)

まずはどんどん売り上げを上げて
Amazonを知り、販売経験を
積んでいくことが大事です。

コンサルタントとして教えていて、
本当に色々な方を見て来ましたが、
成長スピードが速い人は、
このようにどんどん仕入れてアクションする人です。

そして、それに修正を加えて
リサーチの精度を上げていき、
徐々に仕入れ量を増やしていくのがいいです。

(経験を積みリサーチの精度が上がると利益率が上がります。
さらに仕入れ量が増えると、転送コストが下がるので
だんだん利益率が上がって行きます。)

仕入れないと机上の空論で話しが終わってしまいますので、
何度も言いますが、
まずはリサーチして、実際に仕入れをしてみてください。

ゼロ→1の時期が一番きついので、
多くの人がここで脱落していきます。

絶対に稼ぐ!と決めて
何があっても、どんな障害があっても
突き進んでください。

人はそれぞれ、色々状況があると思いますが、
上記のように考えて、
日々経験を積んで行き、
諦めず継続する人が
Amazon輸入でゼロから1を作り上げる人です。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>