メルマガ読者さんに重要なお知らせ

こんばんは、竹内亮介です。

昨日に告知したように、
本日はメルマガ読者さんに重要なお知らせをします。

現在の輸出入ビジネスの状況についてと、
明日の竹内ゼミの募集についてです。

最近、円安の影響で、
Amazon欧米輸入で稼いでいる人が減っているように僕は思っています。

というよりも、実践者自体が減っている印象です。
(今から新規参入する方はほとんどいないのではないでしょうか)

現に、昨日に輸出入ビジネスの大納会に参加したところ、
ほとんどが中国輸入、輸出で稼いでいる方ばかりだったのが現状です。

僕がAmazon輸入をスタートした2012年は、空前絶後の円高だったため、
Amazon欧米輸入はライバルが最も多い時期でした。

FBAに納品される頃には、ライバルが溢れ、価格が半額くらいまで下落し、
大きな赤字になってしまうことが頻繁に続きました。
(正直、市場がめちゃくちゃだったので、月利10万円を稼ぐのがやっとの思いでした。)

しかし今は円安なので、
一番ひどかった時より、参入者自体が減っているのが事実です。
(むしろ市場は安定してきているとさえ感じています。)

そして、本気で直接取引の交渉を実践する人も少なくなっているので、
円高の頃より太いパイプも築きやすいと感じています。

円高で輸入が流行った頃には、
ebayセラーも、交渉メールが日本のセラーからガンガン来たと思いますが、
今は当時より交渉メールも少なくなっているので、
「個数が少なくても卸そうかな」という心理になっています。
海外メーカーも、日本の代理店を探しているほどなのです。
(そのようなメーカーは山ほどあります。)

日本は世界屈指の経済大国であり、
メーカーサイドも、日本市場での販売先を探しているケースが多いです。

(さらに、日本人は世界的に真面目で勤勉な印象があるため、
貿易取引で信頼されています。)

要するに、僕が最近感じるのは、
今のAmazon欧米輸入は、
「逆にチャンス」がある市場だということです。
(これは僕が情報発信した当初から一貫して言っていることですが)

また、円安なら、円安なりの販売戦略もあります。
クライアントの方から以下のような質問をいただきました。

円安のこの時期、あなたも同じような疑問を抱いていると思いましたので、
僕の回答を参考にしてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.

現在、円安になっているのですが、こういう時の仕入れ値についてです。

円高の時は利益が出ていたのですが、円安によって利益がほとんどでない商品が増えています。

こういう時は売値があがると考えて仕入れ判断をすればいいのか、悩んでおります。

竹内さんは今の円安の状況で、どのように仕入れ判断をされていますか。

お聞かせ願えないでしょうか。

 

A.

販売価格は商品によって、為替の影響が出るタイミングが変わりますので、
数ヶ月後に出たり、すぐに出る商品もあります。

全ての商品を一概に言えないというのが正直なところです。

ただ、Amazonで扱う商品ならば、
他のライバルの状況を見ながら僕なら判断します。

ライバルも状況は同じですので、
円安の頃に仕入れた商品の在庫が切れれば、
今のレートで購入するしかありません。

そうなれば、その後に自然と価格は上がってくると思います。

ただ資金のあるライバルが円安の頃に一年間分の商品を購入していれば、
しばらくは価格は上がらないかもしれません。

資金があるライバルならば、円安の頃にまとめて購入していて、
独占的に販売する可能性もあります。

よって僕なら、ライバルの状況を見ながら商品ごとに仕入れ判断をします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕と同じように商品リサーチをしていけば、
儲かる商品は無数に見えて来ます。

また、メーカー仕入れをすれば、
世界で一番安く仕入れをすることができますので、
利益を出せないことはまずありえません。

さらに、独占販売権を獲得すれば、
日本では自分自身しか販売できなくなりますので、
日本での販売価格を自由に設定することができるようになります。

このような理由から、
僕はAmazon輸入で円安だから稼げないと感じたことは一度もありません。

「輸入ビジネス」というビジネスモデルが太古の昔から存在している以上、
もはやそれが無くなることはありえません。

さらにAmazonは世界中で急成長しているオンラインショッピングモールで、
今後もさらに成長していくことは間違いありません。
(EC市場も数年後には何倍にもなると言われています。)

僕は、「Amazon×輸入ビジネス=廃れない、継続的に稼げる、今後も成長していく、最強」と捉え、
自信を持って同ビジネスをオススメします。

「円安だから輸出をやる」
「円高だから輸入をやる」と

為替によってビジネスを変えていては、
いつまで経っても安定して稼げるわけはありません。

そのようにすると、(みんなと同じ事をして周りの情報に流されていると、)
必然的にライバルが多い市場で戦わなくてはならなくなるため、
むしろ価格競争になり、利益が取れなくなります。

僕が最も大事だと考えるのは、
一つのビジネスに集中をして、
為替や環境に関係なく
安定して稼ぐ力を身につけることだと思っています。

そこで、僕のメルマガ読者さんは、
欧米輸入を実践されている方が多いと思いますので、

「来年は、僕と一緒に
Amazon欧米輸入で一気に飛躍しませんか?」

という魅力的な提案を明日にしたいと思います。

すでに輸出や中国輸入を実践している方は、
そのままやってもらえれば構いませんが、
僕に今のAmazon欧米輸入やビジネス全般の稼ぎ方、起業マインド等を
教えてほしいという人のために、
来年僕の下で大きく飛躍したい人を募ろうと思います。

それが明日から募集する「竹内ゼミナール」です。

「竹内ゼミナール」は、
本気でヤル気のある方、
「限定5名」で、
「個別コンサル」+「グループコンサル」+「交流会」を実施します。
来年に、全員でステージを何ランクも上げるような
超少人数のチームを作りたいと思っています。

輸入ビジネスは、
最初は一人でパソコンに向かっている時間がほとんどです。

このような時、一人で取り組むよりも、
同じような環境の仲間と色々情報を共有したり、
教え合ったりすることで、モチベーションが上がってきます。

僕自身、まだ稼げていなかった頃、
川島塾だったり、SSCという物販のコミュニティに属したことで、
頑張ってるのは自分一人じゃない!
皆も頑張ってる!

という気持ちになれて、
成長スピードも速まったと感じています。

それなので、竹内ゼミでは、
僕の直接指導に加え、モチベーションの高いゼミ生同士の

グループコンサル・交流会等も実施し、
仲間と切磋琢磨できる環境も提供したいと思っています。

(もちろん、それぞれの状況もありますので、
強制参加ではありません。
黙々と一人で実践したい方はそれはそれで構いません。)

そのような形で、「竹内ゼミナール」を
来年はやろうと思います!

最近横行している塾のように、
誰でも彼でもたくさん採用して、
自分だけが稼ごうという気持ちは一切ありません。

少人数限定にして、僕を信じてくれた人を
絶対に全員勝たせる!(目標はALL-WIN)
という意気込みでやっていきますので、
よろしくお願いします!

全員がWINWINの関係になれるような質の高いチームを作りたいと思います。

来年度、飛躍したい、成功したい、人生を変えたい、
そういった覚悟のある方は
明日19時から、このメルマガで
竹内ゼミ生を募集しますのでお見逃しなく!

詳細について、明日の19時にメールをします!

竹内亮介

◆雑記(ひとりごと)

昨日は、対面コンサルを終えた後に、
ダイスケ納会に参加してきました。

ふらっとご飯食べに行く感覚だったのですが、

加藤さとしさん、三山さん、
脇坂さん、後藤さん、
柿沼さん、とらたろうさん、
吉田楽さん、木村実さん、神岩さんや、
全く表に出ていない億レベルで稼いでる方たち、
塾の大物プロデューサーなどなど、
久々に様々な方たちと交流し、
楽しいひと時を過ごしました。

二次会まで飲んで終電で帰りました。

本日はこれから、
出版社に校正紙を取りに行きます!

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>