円安について

こんばんは、竹内亮介です。

10月31日に日銀がさらに金融緩和をし、
円安が加速しました。

1ドル=112円台になりましたね。
 
この水準は、
2007年12月31日以来、
6年10カ月ぶりだそうです。
 
この、さらなる円安のため、
「輸入ビジネスは終わった」と嘆く方々がいたり、
そういった情報がこれからも流れると思います。
 
 
引き続きライバルが輸出、中国輸入などへ
ビジネスを変更して行くことが考えられるので、
Amazon欧米輸入の参入者が
減ってくるのではないでしょうか。
 
 
僕からすると、
これは「逆にチャンス」だなと思います。
 
 
たしかに
僕がAmazon輸入をスタートした2年半前は、
空前絶後の円高と言われていて、
1ドル80円くらいでした。
 
 
現在では、
1ドル112円です。
 
1ドルの商品を仕入れるのに、
80円出せばよかったのに、
今は112円を出さなければいけないということです。
 
 
1ドルで30円以上の差です。
 
10000ドル仕入れたら、
30万円以上は利益が変わりますね。
 
 
 
円の価値がドルと比較して、
30%以上下がっている状況です。
 
 
しかし、これは仕入れ値だけの話です。
 
 
円の価値が30%下がっているのに、
販売価格がそのまま一定のわけはありません。
 
(ガソリンの価格も一定ではありませんよね。)
 
 
仕入れ値が変われば、
販売価格も当然変動するものです。
 
 
仕入れ値が30%上がったのならば、
必然的に販売価格も30%上がることになります。
 
 
 
Amazonは圧倒的な販売力があるため、
商品に需要さえあれば、
販売価格を上げても十分に売れていきます。
 
 
 
さらに、
メーカー仕入れをすれば、
世界で一番安く仕入れをすることができますので、
利益を出せないことはまずありえません。
 
 
 
為替や環境のせいにして、
「Amazon輸入は稼げない」
と勝手に決めて、
他のビジネスに変更するのは簡単です。
 
 
 
しかし、与えられた環境で、
思考を使ってビジネスを行い、
「いかにライバルと差別化をはかるか」を考えた方が、
遥かに有意義です。
 
 
その方が結果的に自分の実力が上がるので、
自分自身の成長に繋がり、
長期的に安定して、大きく稼げるようになります。
 
 
 
2013年に円安になった時、
輸出や中国輸入がブームになりました。
 
 
しかし、
僕はビジネスを変更せず、
ひたすら欧米輸入に一点集中し、
円安でも欧米輸入は稼げると情報発信を続けてきました。
 
 
円安の中、
「いかにライバルと差別化をはかるか」を考え、
思考を使ってビジネスを続けることで、
 

・camelcamelcamel

・メーカー卸

・独占販売権

 
こういった独自ノウハウが確立し、
僕自身、
駆け上がることができたと思っています。
 
(camelcamelcamel、メーカー卸、独占販売権は、
今でこそ、色んな方が情報発信をしてますけどね。)
 
 
僕のメルマガ読者さんならば、
この円安を「逆にチャンス」ととらえて、
さらにビジネスに邁進してほしいと思います。
 
 
 
 
竹内亮介
 
 
 
 
◆雑記(ひとりごと)

コンサルティング生の
10月の成果報告をいただきました。
 
また結果はメルマガで報告したいと思いますが、
稼げるようになってる方が多くて嬉しかったですね。
 
個人的には初心者の方で、
まだ全然稼いでなかった方が
僕の無料レポートを読んで、
ハロウィンで月利10万円を稼いでたのが嬉しかったです!

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>