出版が決まりました

こんばんは、竹内亮介です。

書籍の出版が正式に決まりました。
 
自費出版ではなく、商業出版です。
 
一ヶ月前からから決まっていたのですが、
公には本日に報告します。

ブログ経由でオファーをいただいた
編集者さんもいました。

しかし今年夏頃から
出版をすることは
決めていましたので、
とある出版セミナーに
参加していましたし、
ちゃんと企画書を作成して、
実際に会って
オファーした出版社さんも何社かありました。

ここですでに話が進んでいましたので、
こちらを優先させていただいた形になりました。
 
 
この出版セミナーは、
全6回で、なんと2回目が終わった段階で、
企画の正式採用が決まっていました。
(かなり早い段階で決まりました。)
(企画書の書き方なども、
ノウハウができあがってきました。)

2012年に
ゼロからAmazon輸入をスタートし、
Amazon輸入→メルマガ→出版へと、
プロセスをふんで、
少しずつステップアップしてきたと思っております。
 
 
今言えるのは、
自分でビジネスをすることは、
本当に夢があると思います。
 
 
僕は2012年に入る前までは、
完全に目標を失っていましたし、
人生を諦めていました。
 
 
なにもかも失い、どうせ頑張っても
夢なんか叶わないんだと思っていました。
 
 
しかし、Amazon輸入ビジネスを開始した時から、
僕の人生は変わり始めていました。
やっと打ち込むべきものを発見した!

絶対これで稼いで
自立して再起するんだ!
僕はひたすら行動しました。
 
 
もう一度自分自身を信じて、
寝ても冷めても商品リサーチを続けました。

儲かる商品を探しながらも、
新しい自分自身を
必死で探していたのかもしれません。

僕はやり出したら止まらないくらい
没頭してしまう癖があります。

なので、とことんのめり込んで、
輸入ビジネスに浸りました。

そもそも、
のめり込むようなものじゃないと、
最初から始めようとも思いません。
 
それから2年半くらい、
ゆっくりですが、
しかるべきことをやってきて、
確実に前進してきました。
 
 
その結果が今回の出版だと思っています。
 
 
本格的な執筆はこれからですが、
現在進行形で
やっていることを書くつもりでいます。

廃れたノウハウではなく、
現在進行形でやっている
本当に稼げる内容です。
 
 
以前の僕と同じように悩んでいる人の
お役に少しでも立てたら幸いに思っています。
 
調子に乗らず、
これからもマイペースに
ストレスのない
自分の人生を歩んで行こうと思います。
 
 
それでは、これからホテルにこもって
楽しみながら執筆活動したいと思います。
 
 
無事ゴールを切れるよう頑張りますので、
応援よろしくお願いします!
 
進捗状況など、
またメールで報告します!
 
 
 
竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

◆雑記(ひとりごと)

明日は、
母親の還暦の誕生日です。

久々に僕の家族が揃って
ホームパーティをします。

僕は、
最近ハマってる
成城石井のキムチや
チーズケーキなど、
食材をいろいろと買い揃えました。
 
あとは、
プレゼントで箸を購入しました。
 
母親が還暦というのは
なんだか信じられないですね。
 
僕が20歳の頃に両親は離婚していますので、
母親とはほとんど会えていないのですが、
本当に、いつまでも元気でいてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>