優良情報を得る方法

こんばんは、竹内亮介です。
 
 
昨日、都内で、
2名の方の
対面コンサルティングをしてきました。
 
 
 
1名は関西在住の方で
僕のコンサルティングのためだけに
わざわざお越しいただきました。
 
 
 
遠方からお越しいただけて
僕も嬉しかったので、
本来90分のコンサルティングのはずが、
ランチを含めて
5時間くらい話してしまいました 笑
(ランチもこの方に事前に誘われていました。)
 
 
 
メルマガでは
絶対に言えないような話をたくさんしたり、
もちろん稼ぐ情報も
ガンガン話しました。
 
 
 
コンサルティング後、
この方から感想をいただきました。
 
———————————————————————————

竹内さん

●●です。

昨日は対面コンサルをして頂きありがとうございました。

有益な話が聞けたので行った甲斐がありました。
関西から日帰り往復はやや疲れましたが、、、

今後のビジネスについて新しいアイデアがいくつか浮かんだので、
実践していきたいと思っています。

例の●●の話や、●●の話など、
こちらからの情報もそれなりに役立てば幸いです。

今度はまたビールでも飲みましょう。
ありがとうございました。

———————————————————————————
 
 
 
優良情報を得る方法とは、
遠方だろうが、
自分より稼いでいる人に
実際に会いにいくということです。
 
 
 
フットワークを軽くし、
自ら動いて、
情報を獲得しにいくことです。
 
(チャンスはいつ訪れるか
わからないので、
日々、準備も
しておいた方がいいですね。)
 
 
 
この方は、僕のみならず、
情報発信者の方と多く会っていて、
ネットに出回っていないような
情報も得ているようでした。
 
 
 
 
僕自身も、まだ開始したばかりの2012年は、
大阪、北京、名古屋、福岡などへ
飛び回ったり、
会員制組織のセミナーには
全て参加し、
懇親会、2次回、
それ以降も
意地でも残るようにし、
情報収集をしたり、
稼いでる人に積極的に会いに行ったものです。
 
(かなりめんどくさい時も
ありましたが、
自分の感情なんか全て捨てて、
心を無にして参加したものです。)

今の僕の稼ぎ方があるのも、
去年の5月に開催された、
上海でのセミナーで、
先輩起業家が言った一言からでした。
 
 
 
僕の稼ぎは、上海をきっかけに
大きく好転していきました。
 
(月収100万円を
コンスタントに超えるようになったのも、
去年の5月からです。
上海から帰ってから、ひたすら実践したのを
昨日のことのように覚えています。)
 
 
 
場所の遠い近い関係なく、
チャンスがあるときは
自分より結果を出している人がいる場所には、
積極的に参加して、
会いにいくようにした方がいいですね。

本気で人生を変えたい場合、
自ら動いて、行動して、
優良な情報を
獲得しに行くという姿勢が大事です。
 
 
 
 
竹内亮介
 
 

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

 
~きまぐれ雑記~

昨日は、もう1名の方も、
19時くらいにスタートしたのですが、
終わってから、ご飯を食べに行き、
気づいたら22時過ぎになっていました 笑
 
僕は、ビジネスは
お客さんがいかに満足するかを
一番大事にするので、
90分と言っておいて、
かなり延長してしまったりするんですよね。。
 
これはビジネスマンとして
いいのか悪いのかわからないので、
気をつけたいところです。
 
しかし、僕のことを信じてくれた
お客さんが、
やる気を起こして
満足して帰っていく姿を見ると、
この上なく嬉しい気持ちに
になるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>