輸入ビジネスで自由になる方法

輸入ビジネスで自由になる方法
http://mailzou.com/get.php?R=75429&M=26360
【無料】
 
 
 
こんばんは、竹内亮介です。
 
今日は、
「輸入ビジネスで自由になる方法」を
お伝えします。
 
 
僕のように、卸交渉を徹底的にやり、
太いパイプをつかみ
一人で自由になることも可能です。
 
 
一方で・・・
 
 
他にも輸入ビジネスで自由になっている人は、
「外注化」をして
組織的に利益を上げ、
自由になっている人もいます。
(輸出で稼いでる人の
多くはこのようなパターンなのです。)
 
 
しかし・・・
外注化って、
 
「めんどくさそう」
「具体的にどうすればいいのか分からない」
「本当に自分にも出来るの?」
 
という理由で
一見敷居が高そうで、
なかなか取り組めない人が多いんですよね。
 
 
 
そこで今回
そういった方のために、
外注組織化をして
1日1~2時間の労働で月利100万円を稼ぎ続ける
僕の友人の神岩英司さんが、
外注化のマニュアルを無料レポートで
公開してくれました。
http://mailzou.com/get.php?R=75429&M=26360
【無料】
 
 
 
今回は、「oDesk」と呼ばれる
世界一のクラウドソーシングサービスを活用した
外注化に焦点を当てた内容となっています。
 
(「odesk」について書かれている無料レポートは
このレポートが本邦初です!)
 
 
 
神岩さん曰く、
「oDeskが使えるようになると、世界が変わる」
ということなので、
ぜひ試してみる価値はあると思います。
 
 
 
実力はかなり本物ですし、
僕自身もこのマニュアルを読んで
「これはすごいな」と思いましたので
ぜひ彼の外注化マニュアルを
読んでみることをオススメします。
http://mailzou.com/get.php?R=75429&M=26360
【無料】
 
 
 
 
このマニュアルを見ながら作業するだけで、
海外の人材を
「募集」して、
「採用」して、
「活用」出来るレベルにまで
到達することが可能です。
 
 
「自由な人生を歩みたい!」
 
「自分がやりたい事を、
やりたいだけ出来る生活を手に入れたい!」
 
 
 
こういった方は、
神岩さんの外注化のやり方を
ぜひ試してみることをオススメします。
 
 
 
『世界を旅して回る元商社マン神岩の
「oDeskコンプリートマニュアル(全120頁)」
毎日働き詰めで月収30万だった男が
1日1~2時間の労働で月利115万円を稼ぎ
1年間で海外9都市、国内12都市に旅行する時間を
手に入れた外注化の方法とは!?』
⇒ [link]http://mailzou.com/get.php?R=75429&M=26360
【無料】
 
 
 
竹内亮介
 
 
 
★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!
 
~きまぐれ雑記~

最近はビジネスの方は、
輸入のみならず、
パートナーとともに
アメリカAmazon、イギリスAmazonなどへの
海外販売もチャレンジしています。
 
固まったノウハウがあるわけではないので、
失敗もありますが、
恐れずどんどん行動し、
とても楽しくビジネスができています。
 
こちらも、海外との交渉を中心にしていて、
今後は爆発的に稼げそうな予感がしています。
 
少人数精鋭で、爆発的に稼いで、
圧倒的に自由な会社を作りたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>