竹内の稼ぎ方

今日は、
竹内の稼ぎ方をお伝えします。
 
 
僕の今のメインの稼ぎ方とは、
海外メーカー、海外セラーとの直接取引です。
 
正直、今の現状として
輸入ビジネスで月収100万円稼ぐのみだったら、
僕1人と発送業者の外注さんのみで充分です。
 
一人で静かに稼ぐことができているので
ストレスが全くありません。
 
そんな僕が注力してきたことは、
「いかに効率良く安定的に稼ぐか?」
 
 
ここに注力し、
合理性に徹底的にこだわって
戦略的に進めてきたため、
今があります。
 
僕自身、
もちろん最初からこのようにできたわけでは
全くありません。
 
 
2012年の2月(ちょうど2年前)に
Amazon輸入の教材を購入し、
輸入ビジネスを開始し、
最初はAmazon.com仕入れ、ebay仕入れの
小売り転売のみをしていました。
 
開始した頃は、
寝ている以外はPCに張り付き、
私生活の全てを捨てて、
半年間ひたすら単純転売を繰り返していました。
 
一夜にして効率化し、
月収100万円を達成できたのではなく、
最初は小さな小さな成功体験を積み重ねながら、
地道な足し算をしていき、
0→1を作り上げました。
 
 
英語がほとんどできないのと、
僕の慎重な性格からか、
なかなか海外セラーとの直接取引が
できませんでした。

海外の人と直接取引をするなんて、
とても敷居が高いように感じていたんですよね。

どんなメールを送っていいのかもわからなかったですし、
誰に送っていいのかもわからない。

当時は、今のようにそこまで直接取引の
ノウハウも確立されていなかったので、
英文テンプレートなども
簡単に手に入る状況ではありませんでした。

 
そこで、2012年9月頃に
すでにAmazon輸入で結果を出されている方で、
直接取引をメインにしている方の
個別コンサルや対面コンサルを受けて、
不安がなくなり、
ebayセラーや海外ネットショップとの直接取引を
ガンガンにできるようになったという経緯があります。

(実際に稼いでる人の個別コンサルは
もっと早く受けていればよかったです・・・
できるだけ早く受けることをオススメします。)
 
 
 
月収30万円を達成したころから、
そのコンサルタントも言っていなかったような、
誰もやっていないような独自ノウハウも生まれ、
全く弱小だった個人・竹内亮介が
そのまま一気に
月収100万円まで駆け上がることができたのです。
 
今では輸入ビジネスだけでも
たった1人で
1日1時間程度のスキマ作業で
月収100万円以上を安定的に稼げるようになり
自由でストレスフリーな毎日を送っています。
 
 
なぜ1日1時間で充分なのかというと、
徹底的に仕入れの効率化を行っていて、
メール1通で、
欲しい時に欲しいだけ注文するだけの作業だからです。
(実際は1日1時間もかかっていません。
ほぼ自動で、放置状態です。)

ツールなども一切使ってなく、
価格調整もしなくていいような状況も
自分で作りあげました。

 
三ヶ月寝ていたければ、三ヶ月分の仕入れをして、
FBAに置いておけばいいだけ。
 
 
本業で毎日ずっとPCに張り付いて作業して
月利100万円をやっと稼いでいる人とは全く状況が違いますし、
物販で、僕ほど効率良く月収100万円以上を稼いでいる人を
あまり見たことがありません。
あなたが輸入転売ビジネスをスタートした(したい)
目的は何でしょうか?
自由になることではないでしょうか?
 
 
もし自由になりたいのでしたら、
月利10万円くらい稼げるようになってから、
海外・国内問わず、直接取引をし、
僕のように効率良く稼ぐことを推奨いたします。

 
竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>