IBCを名古屋で開催しました!

こんばんは、竹内亮介です。

先日の4月7日(土)に竹内主催、
年間コースの「国際バイヤーズクラブ
(International Buyers Club=IBC)」
グループコンサルを、名古屋で開催しました。

6日の深夜にグアムから帰国し、
翌日の早朝に起き名古屋へ向かいました。

今回の名古屋IBCは以下のスケジュールでした。

■4月7日
11:00-12:00 対面コンサル一件
12:30-13:30 ランチ会 
14:00-18:20 竹内グループコンサル&小林真樹さんセミナー
(TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー)
18:30-22:00 懇親会 鳥銀本店
22:00-24:00 二次会 伍味酉 本店
24:00-27:00 三次会 カラオケバー

■4月8日 
11:00-12:00 対面コンサル一件
12:00-17:00 名古屋城観光ツアー

名古屋城観光ツアー写真はコチラ
⇒ http://takeuchi01.com/5322/

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

今回も、Amazon輸入の
モンスタープレーヤーたちが
名古屋に集結しました。

今年も3カ月が経過しましたが、
初心者の方は月収30万円達成、
上級者の方は
月収200万円→月収680万円以上達成など、
みなさん大きくレベルアップしていました!

そして、元コンサル生の「小林真樹」さんには、
マインドからノウハウまでとても素晴らしい
セミナーをしていただきました!

02

“世界40カ国以上旅しながら
Amazon輸入で月収300万円を稼ぐ”
小林真樹さん
https://www.facebook.com/masaki.kobayashi.522

ジェームス・スキナーや川島塾、
竹内の思考を引き継いでいるだけあり、
結果を出すための至極のマインドセットを
話していただきました。

ノウハウももちろん素晴らしいもので、
資金ゼロの副業から、
月収300万円稼ぐまでの道のりをわかりやすく
丁寧に解説していただきました。

小林さんは、世界中を旅しながら、
今回の内容を作成したと言っていました。

正直、その辺の情報発信者とは
一線を画すレベルが違うセミナーで、
内容は「完璧」でした。

僕が言ってほしかったことは
全て盛り込まれていました。

彼と知り合って丸4年になりますが、
最も輝いていた時間でした。

小林さんは、普段、
多くを語る方ではないのですが、
セミナーでは、熱く熱く、2時間ノンストップで
実体験を話していただき、僕も心を打たれました。

どのように僕のコンサルを受けてきたか、
コンサルを受け取る時の心構え(マインドセット)も
わかりやすく話していただきました。

「結果を出しているトップから聞いて
その通りに素直に実践する」

僕がいつもメルマガやコンサルで
話していますが、小林さんが言うと、
また違うイメージを受けて、IBC生たちも
のめり込んで聞いていましたね。

実は、今回、3ヶ月で月収30万円達成の方も、
月収680万円達成の方も、
なぜ達成できたのかを聞くと、口を揃えて、

「僕のノウハウ、教えたことを
ただ素直に実践しただけ」

と言っていました。

僕自身も、このマインドセットを
日々、意識して行動していますので
ぜひあなたも、結果を出すために、
意識して行動していただければと思います。

「結果を出しているトップから聞いて
その通りに素直に実践する」

学歴やキャリアは全く関係なく、
これが現代の成功法則と言っても
過言ではないです。

小林さん、素晴らしいセミナーを
本当にありがとうございました!

竹内亮介

PS0.

1年ぶりに、7月25日〜31日に、
「いちばん儲かる!竹内個別コンサル生」の
新規募集をします。

2018年最初で最後の公式メルマガでの
個別コンサル生公募になりますので、
年内に結果を出したい方は、
お見逃しなくご確認いただければ幸いです。

個別コンサルは、竹内自身が6年間続けていて
業界では定評と実績がある
竹内が最も力を入れているサービスになります。

Amazon輸入ビジネスで、
ゼロから1日1時間で年収1億円稼ぐまでの方法を
ステップアップで直接指導で教えます。

コンサルティング実績
⇒ http://takeuchi01.com/users-voice/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>