camelcamelcamelを使って稼ぐ方法〜その3〜

今日は、camelcamelcamelを使って稼ぐ方法〜その3〜
をお伝えします。

その1 → http://takeuchi01.com/?p=505
その2 → http://takeuchi01.com/?p=511
 
 
 
camelcamelcamelを使った竹内のノウハウ
http://mailzou.com/get.php?R=60862&M=26360
 
 
 
 
Camelcamelcamelを使って
さらに儲ける方法をお伝えしますね。
 
僕はCamelcamelcamelをアメリカAmazon.comで
活用する方法を無料レポートで書きましたが、
 
忘れてはいけないのは・・・
 
1の機能も2の機能も、
Amazon.comだけでなく、
世界のAmazonで使えるということです。
 
 
アメリカでもヨーロッパでも、
そして、日本でも使えます。
 
 
日本の機能は必要ないでしょ、、、
と思うかもしれませんが、
今回、この日本の機能を使って利益を出す方法を
お伝えします。
 
 
これは、
ちょっと経験やテクニックが必要かもしれませんが
「その商品がいくらで売れるか」
の相場さえわかっていれば使えます。
 
 
 
 
 
たとえば・・・
一度日本のAmazonで、
10,000円で売ったことのある商品があるとします。
 
 
 
 
その経験から、
その商品は10,000円で売れる商品であると
体感できてると思います。
 
 
 
 
では、その商品が、
なんらかの事情で、
7,000円まで値下がったとすると・・・
 
 
その値下がった商品を自分で買ってしまい、
自分が10,000円で販売してしまえば利益は出ますよね。
 
 
 
 
 
販売手数料が15%とすると、
10,000円(販売代金)-1,500円(販売手数料)-7,000円
=1,500円
1,500円の利益が出せます!
 
 
 
 
国内からの仕入れのため、
関税や海外からの転送コストもかかりませんし、
何よりAmazonFBAの商品を買った場合、
即日自宅に届けることも可能です。
 
 
この場合、
Camelcamelcamelに7,000円と設定しておけば、
即座にその情報をメールで受け取れますよね。
 
 
7,000円まで値下がる要因としては・・・
 

・価格設定を間違えて出品した
・価格競争により値下がった
 
など、色々なことが考えられます。
 
 
価格競争により値下がった場合は、
その商品をマークしておいて、
出品者がある程度減ってきてから購入すればいいだけです。
 
 
このように、国内せどりのようなことも
Camelcamelcamelを使えばできてしまうわけです!
 
 
 
 
国内せどりなので、
為替も関係ありません!
 
 
 
 
Camelcamelcamelの使い方は、
色々と応用がきくと思いますので、
参考にしてみてください!!
 
 
 
 
 
最後に・・・
Camelcamelcamelが広まってくると、
この方法は飽和して稼げなくならないか?
という不安もあるかとは思いますが、
僕はまだまだ大丈夫だと思います。
(これだけ言っていても実践する人は極少数です。)
(商品もたくさんありますしね。)
 
 
なので・・・
そんな不安を考える前に、
まずは実践してみるということが大事ですね。
 
竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>