IBCを札幌で開催しました!

こんばんは、竹内亮介です。

先日の10月7日(土)に竹内主催、
年間コースの「国際バイヤーズクラブ
(International Buyers Club=IBC)」
グループコンサルを、札幌で開催しました。

05

今回の札幌IBCは以下のスケジュールでした。

■10月6日(金)

月収200万円〜800万円越えのIBC生8名と、
ミシュラン3つ星の「鮨 田なべ」で前夜祭を開催。

その後はバーで深夜までビジネスや
プライベートの話をして盛り上がりました。

写真はコチラ
⇒ http://takeuchi01.com/4677/

■7日(土)

ウニの名店「函館うに むらかみ」でランチ会

04

ネストホテルでIBCグループコンサル開催

01

「おが」で懇親会(海鮮、キンキのしゃぶしゃぶ)

02

06

07

2次会はバー

03

3次会はカラオケバー

4次会はジンギスカン

08

5次会は朝までバーで飲む

みんな熱心で、メンバー同士、深夜まで
お酒を飲んで交流していました。

■8日(日)
午後から対面コンサル

僕の起業当初は、
月収100万円プレーヤーは「神」の存在で、
なかなか近づくことはできませんでした。
このように気軽に会える
機会はあまりなかったです。

IBCでは、僕や月収200万円から800万円以上の
超実力派物販プレイヤーたちと一緒にグルコンして
お酒を飲んで、ざっくばらんに
朝まで気軽に話せ、交流できます。

客観的にみて、
最高の環境だと思っています。
もし僕が駆け出しの頃なら、
絶対に入りたい環境です。

(今後もより良い環境にしていけるよう
僕も頑張ります。)

IBC生もどんどん成長しています。

・1月にスタートし、独占販売権を獲得して
9ヶ月で独立して月収120万円達成
・国内メーカー仕入れでリピート販売だけで月収100万円超え
・ドイツ現地で独占販売獲得し月収200万円間近
・独自の手法で4商品月収400万円達成
・物販+情報発信で月収730万円達成
・Yahoo!ニュースに商品が掲載されてバカ売れした

などなど、IBCに入り、
僕のマインドやノウハウを素直に
実践する方は大きく収入を伸ばしています。

本やネット情報だけでも
月収30万円くらいなら自力で稼げますが、
それ以上稼ぐには
人脈や情報は大事になります。

僕の独占販売権獲得のノウハウも
ネット上にはないし、
今回のグループコンサルでも
濃い情報が満載で、
ネット上にはないノウハウが満載でした。

そして月収200万円から800万円以上の稼いでいる
IBC生たちは、商標権や広告や販促について
上流の情報が交換されていました。

また、10万円〜20万円でウロウロしている
初心者の方には、
月収200万円プレーヤーがみんなで
真剣にアドバイスしていました。

このような機会は、
IBC以外、まず無いと断言できます。

今回は、僕がカリスマ的にやるよりも、
メンバーのレベルがかなり上がっているので、
メンバーに積極的に話をふって、
話してもらいました。

そして、何よりも全員が人柄が良い方しか
いないのが僕のコンサル生の特徴です。

みんなGIVE&GIVEの精神で、
包み隠さず何でも教え合っています。
だからこそ、GIVEした方には
たくさんの情報や人脈が集まってきたり
自分が困った時には助けてもらえるようになるのです。

また、少し前までは稼いでいなかったのに
今では成長してレベルの高いことを
話している姿を見ると、
僕も嬉しい気持ちになり感慨深いものがありましたね。

個別コンサルもいいですが、
やはりコミュニティは
メンバー同士の刺激があって
切磋琢磨して成長できるので
本当に良いものだな改めて思っています。

さて、今年も残り3ヶ月を切りました。

すでに月収200万円以上達成者は
月収1000万円超えを目指し

まだ月収100万円以下の方は、
月収100万円〜200万円超えを目指して
年末まで頑張りましょう。

今回集まったメンバーは、
札幌まで来る熱意が素晴らしいです。

札幌に来たメンバーは
学んだことを実践し継続すれば
絶対に稼げるようになるはずです。

ぜひ、みんなで飛躍しましょう!

札幌で収入が飛躍した、
人生が変わったといえるよう
次回の12月まで引き続き頑張りましょう!

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>