Amazonランキングを理解しよう

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、Amazonランキングを理解しよう
という話をします。

Amazonランキングの低い商品の場合は、
モノレートで見れば
売れ行きがある程度は把握できます。

なぜなら、ランキングが上がっている回数が
売れている回数にほぼ等しいためです。

しかし、ランキングが高い商品は、
ランキングが上がっている回数というのは
あまり関係がなく、
カテゴリーとランキング推移を見て
ザックリ販売個数を判断するしかありません。

モノレートに表示されるのは
あくまでランキング変動であり、
実際に売れている個数ではないのです。

そこでより正確な需要を把握するなら、
僕が駆け出しの頃は、ライバルセラーの
在庫数を定点観測してチェックする必要や
実際に仕入れてテスト販売する必要があったわけです。

在庫の定点観測は、
現在その商品に出品しているセラーの在庫をすべて
ショッピングカートに入れて、
在庫数の減り具合を1日おき、1週間おきなど
Excelで表を作って、定点観測していかなければなりません。

アナログですが、僕自身も駆け出しの頃は
これで需要を把握していました。

こういった経験を積んでいくと、
「○カテゴリーで○位だから○個くらい売れている」
とわかってきて、あとはライバル数をみて、
だいたいどれくらい自分が参入余地かあるか
ある程度予測できるようになります。

ただ、そこまでいくには
Amazonでの多くの販売経験や
在庫チェックが必要ですし、
膨大な経験と時間が必要です。

そういった経験する時間を短縮できるツール
Amazonランキングを理解するためのツール
という意味でも、今再販されている
「在庫チェッカー」は非常に有効です。

本の144ページに書いた、在庫の定点観測で
Amazonランキングを把握するというものが
全てこのツールで解決するのです。

というわけで、Amazonランキングを
理解する上でも、今回再販されている
「在庫チェッカー」はお勧めのツールです。

Amazonランキングを理解することは
Amazon輸入ビジネスを実践する上での
基礎になりますので、ぜひこの機会に
「在庫チェッカー」を取り入れてみることを
強くお勧めします。

■在庫チェッカー
⇒ ※販売期間終了

※8/24(木)19時から8/31(木)24時までの1週間限定
※約15ヶ月ぶりに再販売されています
※早期申込者の豪華特典付き

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>