IBCを大阪で開催しました!

こんばんは、竹内亮介です。

先日の6月3日(土)に竹内主催、
年間コースの「国際バイヤーズクラブ
(International Buyers Club=IBC)」
グループコンサルを、大阪で開催しました。

03

14

IMG_4967

今回の大阪IBCは以下のスケジュールでした。

6月2日は、大阪で、
TV出演交渉を断り続けている
予約が取れないお店「鮓 きずな」を
IBC13名で貸し切り前夜祭をしました。

「鮓 きずな」は、
竹内が食べてる中でも、最も美味しいお寿司屋で、
高級寿司を堪能しました。

竹内の他にも、以下のように
稼いでる方ばかりが参加されました。

月収200万円以上 5名
月収100万円以上 1名
月収80万円以上 2名
月収50万円以上 1名
月収30万円以上 2名
(数字はAmazon物販の収益のみ)

01

12

11

10

09

08

07

06

05

04

2軒目 ヒルトン大阪の35階バーで
夜景を眺めながらゆったりお酒を飲む
3軒目 居酒屋で深夜2時以降まで飲む

3日
IBCグループコンサル開催 
月収200万円IBCパートナーの単独セミナー(外注化について)
バリを感じるお洒落なリゾートレストランで懇親会

02

2次会 夜景を眺めながらバーで飲む
3次会 北新地のバーで
みんなでウォッカを飲んで盛り上がる
4次会 カラオケバーで朝まで飲む
5次会 ヒルトン大阪で部屋飲む
朝7時就寝

15

17

16

4日
午後から対面コンサル5件

18

新幹線で東京へ

上記のように今回も盛り沢山でした。

日本一やる気のあり、質が高い
年間コンサル生である
IBC生30名が大阪に集結しました。

IBC生は、人生をかけて本気で
Amazon輸入をやっている方しかいないので
成果報告、情報シェアでは、
Amazon輸入の最新情報、濃い情報が
飛び交っていました。

ここで質問をすると、
月収100万円、200万円超えの実力者が
ゴロゴロいるので全て解決します。

また、月収200万円パートナーの単独セミナーでは、
外注化について、話してもらいました。
こちらも勉強になりました。

13

今回も、グループコンサルの成果報告で
収入を伸ばしている方がたくさんいました。

・30万円〜50万円でずっとくすぶっていた方が
ついに100万円以上達成!(これは僕も嬉しかった!)
・副業月収50万円→91万円達成!
・1月から開始しゼロから副業月収34万円達成!
・1月から開始しゼロから副業月収30万円達成!
・1月から開始しゼロから月収18万円達成の主婦!
・本だけで開始3か月で月収35万円達成!
・教え通りにやったら独占販売権を獲得できた!
・1商品で月収200万円を継続して稼げている!

初心者からスタートした方も、
すでに月収30万円達成者はいますので
年内には月収100万円、200万円と達成できる勢いです。

僕もやってきたこと、考え方、
持っている情報は出し惜しみなく、
できる限りアドバイスをしました。

ノウハウでは、現在進行形でやっている
Amazon本体へ商品を卸す方法
どういうケースで卸販売するのが有効なのかなど、
色々と具体的に戦略を教えました。
(これはIBC生からは、後にかなり質問を受けました。)

そして、今回思ったのは、
結果を出している人は、
継続して愚直にノウハウ通りにやっている人が
稼ぎを伸ばしているということです。

自己流を入れるのでなく、
僕のノウハウを愚直にやるのが重要です。
これだけでも月収200万円は本気で可能です。

机上の空論ではない、
僕が試行錯誤しながら実践を重ねて
実際に稼いでいる施策のみを教えてるので
それをそのままやった方が
最短距離で結果を出せるというわけです。

そのノウハウをしっかりとブレずに
継続して実践することが最も大事です。

というわけで、
盛り沢山だったので長くなりましたが、
IBCを大阪で開催しました。

昨年の1期は、9割の方が目標達成したIBCは
今年2期も勢いは止まりません。

僕も、物販、情報発信、出版など
経験してきたことは全て教える覚悟でいます。
本気の人には本気で応えます。

そして、一生懸命実践したことを
皆で情報シェアをして、教え合うのがIBCです。

次回の8月の福岡IBCまで、
また2ヶ月間、掲げてもらった行動プランを
頑張っていきましょう!

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>