ネットビジネスの素晴らしさ

みなさん、お久しぶりです。
 
 
10日ぶりくらいのブログになってしまいましたね。
 
 
僕はというと、
相変わらず自由に気ままに過ごしていました 笑
 
 
 
「好きな人と、好きな時に、好きな場所で、
好きなことを、好きなだけする」
 
 
やっぱりこのような生活スタイルをおくれるのが、
ネットビジネスの素晴らしさだと思っています。
 
 
 
究極的に考えて、これってすごく幸せなことですよね。
 
 
PC一台あれば、
どこでもビジネスができますから。
 
 
 
輸入ビジネスでも
ある程度、稼ぐ仕組みさえ作っておけば、
このような生活をおくれるようになります。
 
 
 
最近、自分でビジネスしてて、
本当によかったなぁ
と思った点は、
自分の時間を最大限に使えるということ。
 
 
 
 
実はしばらく体調を崩したりしていたのですが、
こんな時も自分の療養に最大限注力することができます。
 
 
 
6月頃に父親が体調不良で倒れたときも、
僕は病院に何度も付き添ったり、
看病をしてあげることができました。
 
(父親との絆が深まりました)
 
 
 
この仕事に感謝ですね。
自分だけでなく、
奥さんがいて、お子さんもいるような
家庭を持った方も、
最愛の家族と一緒に過ごせる時間が
増やせると思います。
 
 
 
お子さんの行事に全て参加できるような
イクメンパパとか、
本当に幸せそうですよね^^
 
 
 
愛する恋人がいる方も
愛する家族がいる方も、
そして自分を愛してるナルシストの方も・・・笑
 
 
 
自分でビジネスをして稼げるようになれば、
自由になり、
本当に自分の人生において大事なことに
時間を費やせる生活ができるようになります。
 
 
これこそが「自分らしさ」ですよね^^
 
 
 
自分にもそんな生活が本当にできるの?
と思う方もいると思いますが、
僕だって去年は
ニート・無職のどん底状態の人間でした。
 
 
ゆっくりですが、
ようやくここまで来ることができました。
 
 
 
それぞれ状況があるので
「どこの誰でもできますよ」
と軽々しいことは言えませんが、
やり方さえ間違っていなければ、(僕のやり方なら)
あなたも高確率で同じような生活ができるようになると思います。
 
 
 
そうなるための方法・考え方は、
これからもブログ・メルマガで書いていきます。
 
 
 
自由になるため、
稼ぐために必要な情報は、
このメルマガで随時紹介していきます。
 
 
 
貴重なお時間をいただいて
僕のメルマガを読んでくれている読者様には
絶対に損はさせたくはないと心から思っています。
 
(いつもお読みいただき、本当にありがとうございます!)
 
 
 
ネットビジネスは素晴らしいビジネスですし、
輸入ビジネスはまだまだ全然稼げます。
 
 
 
僕は輸入ビジネスは
一生稼げるような堅いビジネスだと思っています。
 
 
 
僕は小細工的な嘘みたいなのはつきませんので、
信じて行動していただければ、
必ず結果は出ると思います。
 
 
引き続き、
僕のブログ・メルマガの情報をチェックしてほしいと思っています。
 
 
 
今年も残り少なくなっています。
一緒に最高の人生を歩みましょう^^
 
 
 
★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!
 
~きまぐれ雑記~
 
仲の良い友人にはすでにお伝えしていますが、
実は来月に入院します。
以前に起こった副作用により、再入院です。
 
全く心配はいりませんが、
健康が一番大事なので、今は自分のことを第一に
生活しています。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>