IBCを名古屋で開催しました!

こんばんは、竹内亮介です。

4月1日に竹内主催、年間コースの
「国際バイヤーズクラブ
(International Buyers Club=IBC)」
グループコンサルを名古屋ルーセントタワーで開催しました。

05

08

07

06

今回の名古屋IBCは、
前後でイベントが盛り沢山でした。

3月29日は、大阪で、
TV出演交渉を断り続けている
予約が取れないお店「鮓 きずな」で
高級寿司で会食。
その後、神戸へ移動し、
有名なバーや自宅で朝まで飲み会。

3月30日、31日は
神戸で、神戸牛を食べたり、
広東料理を食べたり、
有馬温泉に宿泊して皆でワイワイしました。
その後、名古屋へ移動し、
有名な「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食べ前夜祭。
深夜まで有名なバーで飲む。

02

10

11

4月1日
朝7時に起床しホテルの朝食を食べ、対面コンサル1件
山本屋本店できしめんを食べランチ会

04

名古屋ルーセントタワーで
竹内主催コミュニティIBCの
グループコンサル開催

05

馬喰一代で最上級の日高牛で懇親会
朝まで名古屋の栄や錦を楽しむ

01

4月2日
対面コンサル2件して、
矢場とん矢場町本店で味噌カツを
食べ東京へ帰宅

03

上記のように書ききれないほど盛り沢山でした。

名古屋IBCでは、月収700万円IBC生に
単独セミナーをしていただいたり、
僕がグループコンサルをしたり、
100万円払ったコンサル生が20名以上参加しました。

その何十倍も稼げる竹内の稼ぎ方、
考え方を徹底指導してきました!

IBC生のセミナーでは
Amazonアカウントについて、
商標権の問題など
2時間に渡り、中上級者向けの内容をしてもらいました。

09

僕のグループコンサルでは、
Amazon本体が参入した時の対処法、
Amazon本体へ商品を卸す方法
国内外メーカー交渉方法など、
ネットには全く出回ってない
情報をシェアしました。
初心者から、年間利益1億円の利益を出す方法まで
一人一人指導したり
有意義な情報交換の場になりました。

その後に感想をいただきましたが、
初心者にはかなりレベルが高すぎる内容でしたね。

また、懇親会では、
本の重版5刷、第2子出産、
僕の誕生日を兼ねて、サプライズで
お祝いケーキをいただきました。
(これは嬉しくて涙が出そうになりました。
一生忘れません。)

IMG_3488

で、僕が思うのは、こういったイベントには、
極力、参加した方がいいということです。

大阪の寿司屋、有馬温泉の参加者は、
8割以上がAmazon輸入で月収200万円越えです。

ビジネスで最速で億の資産を築いた竹内や、
月収700万円越えした方も参加しています。

一商品で月収200万円稼ぐ販促方法
メーカー+OEMを組み合わせて販売する方法
楽天で稼ぐ方法
独占販売権獲得方法など

グループコンサル以外の時間にも
ネットには出回っていないような
稼ぐ情報がバンバン飛び交っていました。

また、やはり稼いでる人は、
情報のメモの仕方も素早くて非常に上手いです。
こういう風にメモを取るのかと
勉強になることばかりです。
(後で忘れてしまうのでメモは必須です。)

本当に参加して良かった、勉強になったと、
月利80万円以上稼いでる方ですら言ってました。

で、参加者を見ていると、
すでに稼いでいるから参加できるのではなく、
時間とお金の自己投資をして、
こういったものに参加しているからこそ、
稼げるようになっているのだなと思いました。

初心者は気後れしそうですが、
こんな最適な環境はありません。
実は、初心者ほど参加した方がいいのです。

僕も駆け出しの頃は、
セミナー後の懇親会に最後まで残ったり、
海外にまで稼いでる人に会いにいってました。
(いまだにこういった行動をしています。)

稼いでる人ほど、こういった行動ができているのです。

というわけで、盛り沢山だったので長くなりましたが、
IBCを名古屋で開催しました。

質の良いコミュニティには、
質の良い人が集まり、質の良い情報が集まります。

あなたも、優良コミュニティや
稼いでる人が集まるイベントに
参加する機会があれば、
参加してみることをお勧めします。

(参加した方は、学びあり、遊びありで、
とても楽しかったので、収入も増えて、
想い出にも残り、充実した人生にもなると思います。)

次回IBCの集まりは6月です。

今回の名古屋IBCに参加した方は、
収入を何倍にも増やすと思います。
(前後イベントに参加した方はとくに)

次回までの2ヶ月間は、ひたすら実践する期間です。

良質な情報収集をした後は、ひたすら行動です。
学んだことを実践するのが最も大事です。

「名古屋で収入が飛躍した」
「名古屋で人生が変わった」
といえるよう
また2ヶ月間、頑張りましょう。

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>