月収600万円情報発信者も入るIBC

こんばんは、竹内亮介です。

今回の、IBC2期生ですが、
月収600万円情報発信者からも応募があり、
採用にしました。

この方は、月収50万円くらいの時期の
2014年から関わっていて、
ビジネスを教えたりしていました。

その後、月収100万円、200万円・・・と伸ばして行き、
今では最高月収600万円だそうです。

最初はこんなに稼げるようになるとは
思っていなかったのですが、
どんどんビジネスレベルを上げて行き、
今では、お互いに情報交換もするような仲でもあります。

こんな実力者が、今回応募した動機は、
ご自身のビジネスモデルを再確認するためで、
さらに突き抜けようと思ったからだそうです。

僕にわかることなら本気で何でも教えて、
さらに収益を伸ばしていただこうと思っています。

このように、今回のIBC2期生は、
非常にレベルの高い方が多いです。

・上記の月収600万円情報発信者

・人気英語スクールを運営している
月収数百万円の有名な英語本著者

・ビジネス本を4冊出版しているビジネス大学元教授
物販で1日1〜2時間労働で最高月収800万円

・1商品で200万円超えのAmazon輸入プレイヤー(IBC1期から継続)
(月収500万円は見えています)

・Amazon輸入開始数ヶ月で月収50万円の元ミュージシャン(IBC1期から継続)

・Amazon輸入開始数ヶ月で月収50万円の元国会議員(IBC1期から継続)

・Amazon輸入開始数ヶ月で月収50万円の実店舗経営者(IBC1期から継続)

・Amazon輸入で月収78万円超えの副業の方(IBC1期から継続)

また、まだ収益が上がっていない初心者の方でも、
日本で最もヤル気のあるAmazon輸入プレイヤーしかいません。

僕も身が引き締まる思いでいます。

さらに、今回は追加特典として、

・元コンサル生の月収200万円プレーヤーK氏
・元コンサル生の月収250万円プレーヤーT氏(情報発信もしている)

も毎回参加していただくことに決定しました!

毎回、竹内と上記2名で、トリプルコンサルで行います。
(参加者でFacebookグループも作り、
常に情報交換できるようにもします)

見て頂くように、他のコミュニティとは一線を画す、
今のAmazon輸入で最強コミュニティなのは間違い無いです。

Amazon輸入ビジネスをする上では、
初心者〜上級者まで、非常に良い環境がそろっています。

このような環境に気後れする必要はなく、
非常に人柄の良い方ばかりなので、
昨年のIBCのように、これから月収30万円を目指す
初心者の方にも最適な環境です。

初心者の方も多くいて、結果を出せる環境ですので、
ご安心ください。

また、Amazon輸入で
月収40万円超えの女性の方もいますので、
女性の方でもご安心いただければと思います。

Amazon輸入で確実に稼ぎたい方は、
ぜひこの環境に飛び込んできてください。

現在、竹内主催「国際バイヤーズクラブ
(International Buyers Club=IBC)」2期生の
募集をしています。

(募集期限 明後日12/22-23時59分までですが、
定員に達した時点で募集終了とさせていただきます。)

竹内が、年間コースで、あなたに
Amazon輸入ビジネスで稼ぐための
マインド、ノウハウ、環境を提供します。

来年に、全員でステージを何ランクも上げるような
少人数のチームを作ります。

来年、Amazon輸入で確実に結果を
出したい方は、ぜひIBCに申し込みいただければ
幸いに思います。

おそらく今の日本で、最も結果を出せる確率が高い
Amazon輸入コミュニティです。

竹内や起業仲間たちと一緒に、
最高の環境で、一緒に頑張り、収入をブレイクさせましょう。

IBCに興味のある方は、
人数限定なのでお早目にご応募いただければ幸いです。
これからスタートする初心者の方も大歓迎です。

募集要項
⇒ [link]http://takeuchi01.com/3571/

応募フォーム
⇒ [link]http://form1.fc2.com/form/?id=948112

コンサルティング実績
⇒ [link]http://takeuchi01.net/l/c/3aAOomzi/fPqTxIDl

(勝手ながら、定員に達した時点で
募集終了とさせていただきます。)

竹内亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>