感謝の気持ちを忘れないようにしよう

★12月16日から2017年竹内コミュの募集を開始します★

あなたの人生を大きく変化させるきっかけを
竹内亮介が本気で提供して参りたいと思っています。
興味のある方は、僕のメルマガから目を離さないでください。

こんばんは、竹内亮介です。

11月30日〜12月6日まで
初めて、自身でAmazon輸入大百科の
プロモーションをしました。

起業5年が経ちますが、
こういったことは初めてで、
Amazon輸入大百科作成、LP作成、
キャンペーン告知、アフィリエイターへの依頼
竹内亮介アフィリエイトセンター開設など、
色々なことをしました。

11月30日〜12月6日は、
様々な方にAmazon輸入大百科を
広告していただきました。

初めてのキャンペーンが終わり感じる事は、
色々な方への感謝の気持ちです。

LPのデザインはデザイナーさんに
お任せしましたし、
キャンペーンのアドバイスも
プロモーターの詳しい方にいただきました。
信頼のある、実力ある物販プレイヤーの方々に
推薦文をいただいたり、紹介をしていただきました。
コンサル生の方にもたくさんの実践者の声をいただきました。

お忙しい中、協力をしていただき、
様々な方々にお礼を言いたいと思います。
本当にありがとうございました。

ダウンロードしていただいた方にも
僕の教材を読んでいただき感謝しています。
(ぜひ一緒にAmazon輸入ビジネス頑張りましょう)

こういうことをすると、
やはり人間関係ってすごく大事だなと思います。
感謝の気持ちを忘れないようにしています。

もちろんデザイナーさんには費用を払ってるし、
アドバイスをいただいた方にも費用を払ってる、
アフィリエイターさんにも、報酬を払っています。

費用を払ってるのでいいじゃないかと
思う方もいると思いますが、

僕は、協力していただいた方には、
とても感謝し、ご恩はお返ししたいと思いますし、
何か連絡があれば、僕にできることなら喜んで
協力させて頂こうと思っています。

感謝の心ってすごく大事だと思います。
それがないと人間関係は破滅します。

「ありがとう」を漢字で書くと「有り難う」です。
「有ることが難しい」と書いて、「ありがとう」です。

対義語は何かというと、

「有ることが簡単」ということなので、
「当たり前」です。

何かしてもらっても、「当たり前」と思っていたら、
人間関係は終わってしまいます。

友達関係でも、夫婦関係でもそうです。
従業員や外注さんとの関係もそうです。

感謝の気持ち「ありがとう」のある人が、
人間関係が良好になります。

物販でも、Amazonだけでは、FBAを使い、
システムのように販売している感じですが

お客さんのことをしっかり考えて
感謝の心がないと、稼ぎ続けるような人に
ならないと思っています。

今日の内容は綺麗ごとのように聞こえ
つまらないかもしれません。

しかし、この「感謝する」という気持ちが、
僕は人間関係を良好にする秘訣だと思っていて
大事にしています。
(推薦文をいただいた方にも、
直接会ってお礼しています。)

というわけで、
今回のAmazon輸入大百科キャンペーンで、
色々な人に関わっていただきました。

人間として基本的なことですが、
稼げるようになったからと言って調子に乗らず、
感謝の気持ちを忘れないようにしようと
改めて思った次第です。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>