中国輸入トップも竹内ノウハウを実践している

本日は、現在のAmazon輸入の
状況をお話します。

Amazon輸入のメーカー卸(メーカー代理店取得)の
竹内ノウハウは、とても注目されていて、
中国輸入のトッププレイヤーも現在実践しています。

僕がメーカー卸で稼ぎ、
情報発信する前までは、
個人がメーカーから卸すなんて難しいし、
そもそもロットが多いので無理と言われていました。
(僕が一度受けたコンサルタントの方も
当時はそう言っていました。)

現在のAmazon欧米輸入実践者では
僕が開拓したメーカー卸は
当たり前になっていますし、
そう情報発信をしている方も
今では非常に多くなっています。

Amazon欧米輸入実践者だけでなく、
友達の中国輸入のトッププレイヤー
(継続的に月利300万円以上稼いでいるような方たち)
もかなり注目していて実践しています。

先日のヨーロッパでも、
中国輸入歴が長い超プロの方々からも、
本を買って実践してると聞き、驚いたところです。

資金ある彼らが、本気で取り組み、
メーカー代理店を勝ち取ろうとしています。

中国輸入実践者の特徴は、
OEMオリジナルブランドを売っているために、
販売力があります。
Amazonページを作りこんだり、
Amazon内SEOに詳しかったり、
スポンサープロダクト広告に詳しいです。

このような中国輸入トップが
Amazon欧米輸入を本気で実践すると、
我々からしたら非常に脅威です。

中国輸入のオリジナルブランドも、
ロゴをつけたりするだけなので、
参入者も多く、ライバルは多くなっています。

Amazonページは独占できるのですが、
ロゴだけ違う同じような商品ページが
たくさんあるので、ページは違えど価格競争が起こります。

よって、中国輸入トッププレイヤーと
旅行に行ってても、
毎日Amazonアカウントにログインして
まあまあ忙しそうな印象です。

一方、僕は旅行中、Amazonアカウントに
一カ月ログインしなくても平気です。
ゆえに、中国輸入実践者は
自由そうな竹内ノウハウに必然的に
注目するわけです。

というわけで、何が言いたいのかというと、
中国輸入トッププレイヤーが実践することにより、
これから中国輸入実践者が
少しずつ欧米輸入に参入してくる傾向にあると予測できます。

あなたは今のうちにガンガン実践した方が
いいということです。
メーカー代理店や独占販売権などは、
ある意味早い者勝ちです。

今後、よりいっそうAmazon欧米輸入実践者は
頑張らないといけない状況です。

中国輸入トップも実践するほど
魅力あるノウハウなのは間違いないので
自信を持ってガンガン取り組んでほしいと思います。

竹内亮介

PS.

■竹内も使っているオススメのFBA納品代行会社を紹介

弊社では3年ほど自社でFBA納品していましたが、
今月からFBA納品代行会社に切り替えました。

この納品代行会社は「安くて、速くて、丁寧」だと
非常に評判が良いです。
また物流会社として創業50年の長い歴史があり
信頼があります。
(顧客情報の保護においてもしっかりしています。)

現在、期間限定の竹内紹介特典がありますので
これからFBA納品代行を使う方や、
他社に満足していない方は、
この機会にぜひ一度ご利用いただければ幸いです。

納品代行なので当然定員があります。
キャパオーバーになったら募集は終了になります。

http://takeuchi01.com/3211/

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>