転売で稼ぐのに最も大事な一つのこと

本日は、転売で稼ぐのに最も大事な一つのこと
という話をします。

先日に、メルマガ読者の方から
以下のメッセージをいただきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以前メルマガで
「ブレずに自分のビジネスを継続することが大切」
と言われていたことがすごく印象に残っており、
それ以来迷いは無くなりました。

またお会いできる機会がありましたら
●●件やお世話になりましたこと
直接御礼させていただきたいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕はこのメッセージを読み、
この人は必ず稼ぐと思いました。

現にこの方は、この、
「ブレずに自分のビジネスを継続することが大切」
というマインドを
身につけたことにより、
先月に念願の月収100万円を達成しました。

この確固たるマインドを身に付けただけで、
転売業界で勝ったようなものです。

僕に疑いを持って、他のビジネスをやり、
ブレブレになっている人もいます。
そういった方は本気で稼げていません。

(そういった方は、
ブレずに継続するマインドがないので
他のビジネスにいっても、
またブレて他のビジネスへいく傾向にあります)

(また、まれに他のビジネスで上手くいくことも
あるかもしれませんが、
最も簡単な転売で利益を出せなかったら、
アフィリエイト、YouTube、メルマガ、FXなどで
成功するのは難しいと僕は思います。)

なぜなら、この世界はしっかり
真面目に実践して継続すれば
稼げる確率が非常に高いからです。

いくら良質なノウハウを知っても、
ブレていてはいつまで経っても稼げないのです。

魔法のようなノウハウはないし、
いつまでも魔法のようなノウハウを
探していたらキリがありません。

僕も起業当初から、
ブレずにずっとAmazon輸入と
情報発信をしています。
一度もビジネスを変更していないのです。

周りが何を言おうが、あまい誘惑があろうが、
ブレずに継続しています。
周りに流されていたら自分の時間がなくなるだけで、
キリがありません。
僕からしたらなんでブレるのか不思議でしょうがないです。

儲け話はゴマンとありますが、
これで稼ぐと決めたら、
稼げるまでブレずに実践することが
最も大事なことです。
今の世の中、月収100万円くらいなら、
このマインドだけでいきます。

もはや稼ぐ具体的なノウハウとかあまり関係ありません。
このマインドが最も大事です。
(僕はメルマガ開始当初からこのように発信していて
最近は、転売系で「ブレずに一点集中」と
上っ面だけ真似して情報発信をしている方も多くなっていますが)

転売に限らず、どの世界でも
当てはまることだと思います。
こういったマインドを持っている人が
あらゆることで成功できる人です。

竹内亮介

PS00.

■竹内も使っているオススメのFBA納品代行会社を紹介

弊社では3年ほど自社でFBA納品していましたが、
今月からFBA納品代行会社に切り替えました。

この納品代行会社は「安くて、速くて、丁寧」だと
非常に評判が良いです。
また物流会社として創業50年の長い歴史があり
信頼があります。
(顧客情報の保護においてもしっかりしています。)

現在、期間限定の竹内紹介特典がありますので
これからFBA納品代行を使う方や、
他社に満足していない方は、
この機会にぜひ一度ご利用いただければ幸いです。

納品代行なので当然定員があります。
キャパオーバーになったら募集は終了になります。

http://takeuchi01.com/3211/

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>