元国会議員・元Jリーガーからも応募があったIBC

こんばんは、竹内亮介です。

IBCは1晩で4名の枠が埋まりました。
残り1名の枠になりました。
(このメルマガは本日朝8時に書いています。)

ビジネスにおいて行動スピードが命なので、
希望の方は、できるだけ速く応募したがいいです。

しかし、10日間の募集といって、
1日で募集が終わりというのは、
不親切だと思いますし、
金銭的な都合でじっくり考えたい方もいると思います。
また諸事情でメールが見れなかった方もいると思います。

今回5名と言いましたが、
すでに4名の枠が埋まっていますので
10名まで募集枠を広げようと思います。

しかし、4名はすでに埋まってますし、
応募が速い方を優先したいので、
悩んでいる方は早目のご応募をお待ちしています。
勝手ながら、10名に達した時点で
募集終了とさせていただきます。

今回、国際バイヤーズクラブ(IBC)は、
元国会議員・元Jリーガーからも応募がありました。

自分のやりたいことはちゃんとやっているし、
人生にかける情熱を感じました。

僕も昔はプロ野球選手になりたいとか、
お笑い芸人になりたいとか、様々な夢がありました。

しかし、病気をして、夢が崩れました。
そのとき本当に孤独で、人生の儚さを知りました。
自殺も考えたし、社会のゴミとまで思いました。
夢も希望も全て失いました。
当時を思い浮かべていまだに1人で
涙を流すときもあります。

しかし、全ては、
「諦めなかった」から、今の自分があります。
その「諦めない」気持ちがあったことが
唯一の救いでした。
僕がここまで来れたのは、
「諦めなかったから」の一言です。

ありきたりな言葉ですが、
諦めたら人生終わりです。

諦めなかったら、僕のように
人生這い上がることだってできます。

元国会議員・元Jリーガーの方も、
かなり情熱がある方のため、
起業をしても上手くいくのではないかと感じました。

今どん底の方も、「諦めない」気持ちが大事です。
こういった気持ちを、全て行動でぶつければ、
人生を変えることができます。
弱みは強みに変わります。

しかし、行動しなければ、
一生、「このまま」です。

過去なんて関係ありません。
人生これからです。
これから先のことは
どのようにでもやりようがあります。

「正しいノウハウ×行動=結果」

これが現代の成功法則です。
過去なんて関係なく、
今から本気になれば、誰にでもチャンスがあるのが
この業界です。

正しいノウハウは国際バイヤーズクラブで
提供することを約束します。
あとはあなたが行動するだけです。

竹内や起業仲間たちと一緒に、
「国際バイヤーズクラブ(IBC)」で頑張りましょう!

応募フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=948112

コンサルティング実績
http://takeuchi01.com/users-voice/

ご不明点等あればご質問下さい。
(このメールに返信するかたちで結構です)

竹内亮介

PS0.

現在、竹内主催の「国際バイヤーズクラブ
(International Buyers Club=IBC)」を募集しています。

(募集期限6/29-23時59分までですが、
10名に達した時点で募集終了とさせていただきます。)

Amazon輸入ビジネスで
年内に全員で月収30万円を目指す
少人数のチームを作りたいと思っています。

興味のある方は以下のページより
募集案内をご確認下さい。
http://takeuchi01.com/2947/

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>