本当に稼ぐ情報を手に入れる方法

こんばんは、竹内亮介です。

先週土曜日は、竹内ゼミナールの
第2回グループコンサルでした。

第2回目にして、
参加者のレベルはかなり高かったです。

200万円越え 1名
100万円越え 1名
50万円越え 2名

上記の方が参加されました。

今回の参加者全員がすでに独立をしていて
Amazon輸入ビジネスを本業にしています。
皆さん人生レベルで本気な方ばかりなので、
この場にいるだけで、僕も刺激がありました。

一名は、竹内ゼミの目標である
月収200万円をすでに達成していました!

1ブランドで月収200万円を
越えるまでに成長していました。
(竹内ゼミに入る前はブレていて、
Amazon輸入の利益は月収30万円程度でした)

これは僕もかなり嬉しかったです。
教え子には、僕を越えるくらい、
どんどん稼いでいってもらいたいですね。

この方も、少人数で濃い話ができたと、
非常に満足そうにしていました。
色々と情報をシェアしていただきました。
翌日の対面コンサルでも
その後の行動を明確にして帰っていただきました。

僕自身も、グループコンサルでは、
台湾で独占販売権を取った話や、
セブ島での話、実店舗卸の話、
竹内が今後やるべきことなど、
現在進行形でやっている深い話をしました。

インターネットには出回らないような
濃い話が飛び交っていました。

その後の懇親会では、
リピート通販年商4億円社長も参加し、
ゼミ生や元コンサル生が集合しました。
岡山からわざわざ来ていただいた方もいました。

その後、ノリで僕や通販社長も含めて
5名で品川プリンスホテルに泊り、
深夜2時まで最上階のバーで飲んでいました。

僕自身、自分を信じてくれた
ゼミ生やコンサル生には、
自分の利益度外視で全てを教えていますので
ゼミ生同士もギブしあい、
有益な情報交換をしていました。
(全員が勝てるwinwinの関係ができるように運営しています。)

そこで僕は感じたのは、
本当の稼げる情報は、
インターネットには出回らないということです。

もちろん本の内容を
愚直に圧倒的に実践すれば、
月収200万円も稼げるし、
インターネットの情報だけでも
独立するくらいは稼げます。
本の内容がAmazon輸入の
ベースにはなっています。

しかし、さらに突っ込んだ情報や、
本を実践した上でのさらに深い話などは、
インターネットに出回らないような
情報もたくさんあることは事実です。
正直、そういったところで
書けないような内容もあるのです。

竹内ゼミでは、僕を中心に
そういった情報を最大限にシェアし合っています。

自分でいうのもおこがましいですが、
やはり質の高いコミュニティには
質の高い人が集まり、
質の高い情報が集まるものですね。

本当の稼ぐ情報を手に入れるためには、
オフラインでの、
稼いでる人コミュニティに参加すると
現在進行形の本当の稼ぐ情報が
手に入るものですね。

竹内ゼミは、Amazon輸入を中心にした
物販ビジネスで圧倒的に稼ぐ
リアルお金持ちコミュニティを
目指していていますので、
みんなで成長していければいいなと思っています。

(僕の個別コンサル生は、
ゼミに参加できなくて残念に思う方もいる
と思います。
しかし僕自身、かなりの情報量がありますので
ゼミ生の不利益にならない範囲で
必要に応じてそのコンサル生に合わせて
シェアしてアドバイスしますので
ご心配なく!)

竹内亮介

PS00.

グループコンサルの翌日の日曜日は、
対面コンサルを5名やり、
10時〜20時までコンサルしてました。
大変でしたが、楽しく有意義な週末でした。

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>