ベトナムから帰って来ました!〜明日から個別コンサル生募集〜

3月18日~25日まで、
7泊8日でベトナムに出張に行ってきました!

ベトナムでは以下のスケジュールでした。

18日 ハノイ到着
19日 セミナー&懇親会
20日 セミナー
21日 ハノイ観光
22日 世界遺産ハロン湾クルーズ
23日 世界遺産ハロン湾クルーズ
24日 世界遺産ハロン湾クルーズ
25日 帰国

セミナーに参加したり、観光したり、
ハロン湾クルーズをしてフェリーに2泊したり、
色々な経験ができて楽しかったです!

01

02

03_a

03_aa

03_aaaa

03_aaaaa

03

05_b

05_c

05

06

07

08

09

10_1

10_a

11

12

13

14

32

15_a

15

16

17

18

19_a

19_aa

19_aaa

19

20

21

22

23

24

25

26

30

31

ベトナムでは、ハノイで川島塾セミナーに参加し、
健康、ビジネス、成功法則、ファッションなどを学び、
多分野の経営者と交流してきました。

なぜ僕が、川島塾を毎年継続し、
今回、ベトナムに行ったのかというと、

人生は有限で、
後悔しないように生きた方がいいと
常々考えているからです。

ベトナムに行く機会なんてあまりないと思うし、
おそらく人生で最初で最後かもしれません。

しかも若い今の時期にアクティビティなどしたり、
様々な分野で成功している方々と一緒に
海外旅行へ行くことは貴重な体験です。

世界遺産ハロン湾クルーズも
なかなかできない経験です。
ハロン湾はとても綺麗でした。

人生って短いと思います。

親父が30代の頃を僕は覚えています。
今は親父は60代になりました。
あっという間だと言っていました。

人生100歳まで生きても1200ヶ月しかありません。
しかも、健康に活動できるのは
60歳までかもしれません。(720ヶ月ということです)
30歳の方はすでに半分の360ヶ月が過ぎています。
最近一ヶ月ってかなり短く感じますよね。
そう考えるとかなり短いことがわかります。

いつまでも今があると思ってる人ほど
毎日毎日仕事して、
目先の仕事が重要だと考える傾向にあると思います。

ゆえに、僕は銀行の預金口座を
一円でも多く増やすより、
お金を消費して今しかできない経験を買う
選択肢を取っています。

しかも、Amazon輸入ビジネスは、
FBAを利用することで配送を自動化できるため、
旅行中にも利益はかなり上がっていて、
資産も増えています。
(今回も一週間Amazonアカウントには
一度もログインしていません。)

なお、来月4月から新年度なので、
最速でビジネスで稼いでもらい、
後悔しない人生を歩んでいただき、
ストレスフリーに旅行できるような仲間を増やすべく、

明日から、竹内の直接指導の
個別コンサル生の募集をしようと思います。
興味のある方はご応募いただければと思います。

いつまでノウハウコレクターを続けますか?
いつまで自由のない不満な人生を続けますか?
短期集中で一緒に人生をサクッと変えましょう。

色々考えた結果、今回の募集以降、
コンサル費用は値上げする予定でいます。

(消費税課税、社会保険料支払いなど、
国に払う費用が一気に増えるのも要因としてありますし、
たくさんの人数を採用するより、
人数を絞って、質の高いコンサルティングをするのが目的です。)

悩んでいる方は
ぜひ今回のタイミングで竹内個別コンサルティングに
ご応募いただければと思います。

竹内

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>