本気になれば一年で人生は変わる

こんばんは、竹内亮介@ベトナムです。

ベトナムの首都ハノイにいます。

19日 川島塾セミナー&懇親会
20日 川島塾セミナー

に参加し、
昨日はビジネス仲間とハノイ観光をしました。

本日からは、ハロン湾クルーズで
2泊3日でハロン湾のフェリーの中で泊まる予定です。

フェリーの上にいるため、
wifiが繋がらない可能性があります。

問い合わせやコンサルの対応が
できない可能性がありますので
ご了承いただければ幸いです。
こちらの都合で申し訳ございません。

本日は、本気になれば一年で人生は変わる
という話をします。

早いもので僕もビジネスを
スタートして4年の月日が経ちました。

個人事業主2年、法人2年で、
今月からはついに消費税の課税事業者にもなりました。

振り返ると、
Amazon輸入ビジネス開始一年で月収100万円、
2年で月収200万円(情報発信も入れると月収500万円も達成)
稼げるようになり、
2年半で満を持して出版も決まりました。
今では毎月、海外旅行に行けるようになり、
金銭的にも時間的にも余裕ができました。

2012〜2015年を駆け抜けたわけですが、
この業界はスピードや移り変わりが本当に速いと思います。

上述の通り、たった4年で人生が激変しています。

(Amazon輸入だけやってる人というではないですが、
稼ぎだけで言うと、速い人はもっと速いです。
先日セブ島に一緒に行き、
今回もベトナム旅行を一緒にしてる友達ですが、
20歳でビジネスを開始し、
一年で年収1億円達成した方もいます。
今では30名を越える社員を雇って
さらに拡大しています。
本当に行動力と勢いがすごい若者だと思います。)

サラリーマンなら、
ここまで激しい変化は絶対にないと思います。

この業界は、行動次第で、
一年必死に頑張るだけでも、
一年後にスタートする人からすると、
追いつけないくらい先をいくことも可能だし、
本気になれば人生を激変させることも可能です。

役者とかお笑い芸人とかは、
一人前になるには10年とかかかるのが当たり前の世界です。

正直、芸歴4年のタレントなんて、
まだまだペーペーだと思います。

何が言いたいのかというと、
これほど短期間で
人生を変えることができる業界もないので、
本気になってビジネスを
やってほしいということです。

個々人の状況も違うので、
もうビジネス一年やってるのに
「大した結果が出てない」
「自分は才能が無いのではないか」
と落ち込む必要は全くありません。

あなたを落ち込ませたくて
ベトナムからわざわざメール書いてるわけではありません。

チャンスが大いにある業界なので、
引き続き継続して
本気になって実践しようよと言いたいのです。

まだ思うような結果が出ていない方も、
今一度ビジネスに短期集中で
本気になって取り組んでほしいと思います。

あと、僕自身、
一年で達成したというわけではないですが、

ビジネスをスタートしたときは、
出版するとは思わなかったし、
こんなに稼げると思わなかったし、
こんなに海外行くと思わなかったし、
当時から業界で大活躍されていた川島和正さんとかと
家族ぐるみで旅行にいく仲になるとは思いませんでした。

続けてると、自分の見えなかった世界や、
夢と思ってたことが、
夢ではなくなってきたりしますので
ぜひ希望を持って取り組んでほしいと思います。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>