結果を出す人の特徴

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、結果を出す人の特徴をお話します。

結論からいうと、結果を出す人は、
一つのノウハウを徹底的にやる人です。

「誰にでもできることを、
誰にもできないくらいの行動量」でやる人です。

稼げない人は、
さらに特別なノウハウがあるのではないかと、
ランチして情報収集したり
セミナー参加したりします。

もちろんそこで有益な情報もあるかもしれませんが、
一個これをやると決めたら、
一人になって引き篭ってでも徹底的に
のめり込んでやった方がいいです。

Amazon輸入ビジネスはそういった人が稼いでいます。

例えば、リサーチは、20個くらい商品見て、
儲かる商品ないな、ではなく、
駆け出し頃の僕のように、
300種類の商品を一個ずつ仕入れるなど、
徹底的にやりまずはAmazon販売のコツをつかむわけです。

camelcamelcamelも、
10個登録して稼げない、というのではなく、
ウン千商品、中にはウン万商品登録の人もいます。

ebay直接取引も、
年間で5000リスト取っている方もいます。

このくらい一つのノウハウを徹底的に
やるわけです。

Amazon欧米輸入の
ノウハウは僕の本だけで基本的には十分です。

話しは少し変わりますが、
先日、Amazon輸入のブログを書いてる人を
チェックしていたら、
僕の本の内容を書いてるだけのブログも
多かったです。
(こういった指摘はよくメルマガ読者さんからいただきます。)

輸入ブログランキング一覧は、
Amazonの相乗り出品を見ているようでした。

またマニュアルや教材といって、
ほとんど本の内容と同じようなものを作って
コンサルティングをしてる人もいます。
(僕のことを批判して、
読者の気をひこうとしてる方もいました。)

なかには本当に稼いでるの?という人もいました。

もちろん良いブログもありますが、
こういった自称コンサルタントのような
人たちには注意した方がいいかなと思います。
(僕の本を真似すれば誰でも
高額コンサルができる状況なのです。)

月商を月収のように偽って
高額塾をしている方もいますので
注意した方がいいです。

Amazon欧米輸入に関しては、
僕の書籍が出たことにより、
不毛な高額セミナーに行ったり、
高額教材を購入する必要は一切なくなりました。
駆け出し輸入プレイヤーの
高額コンサルを受ける必要も全くありません。

稼いでない人のセミナーに参加したり、
稼いでない人のコンサルを受けるのだったら、
その時間と資金を使って
本の通りにリサーチと仕入れをした方が有効です。

何度も言いますが、僕の本だけで十分だし、
もっとそれを徹底的にやりこもうよという話です。
これだけでも月収30万円くらいなら本気で稼げます。

わからない、必要なときにGoogleで検索して
ブログを読むのはいいですが
既存ノウハウを徹底的にやるだけで十分稼げます。

新しい斬新な魔法のようなノウハウを
追い求めるのではなく、
ひたすら既存ノウハウを徹底的にやるのです。

これだけでも月収30万円くらいなら
本気で稼げますので、
色々目移りするのではなく、
僕の本”だけ”を自信を持ってひたすら実践することを
お勧めします。

これをしている人が
今のAmazon輸入業界で稼いでいる人の
特徴といえます。

竹内

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になるにはコチラ↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

【竹内の書籍】

★Amazonランキング(IT部門)で1位を獲得★
「いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意(秀和システム)」

⇒ [link]http://takeuchi01.com/tachiyomi/

◎Kindle版も出ました!
◎重版3刷決定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>