なぜ竹内は稼げたのか?

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、なぜ竹内は稼げたのか?という話をします。

先日に「開始4ヶ月で月利127万円達成のクライアント」から
以下のメッセージをいただいた話をしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
竹内さん

あけましておめでとうございます。
この度はありがとうございました。
初めに一度会ってくださいという無茶なお願いに
答えていただき本当にありがとうございました。

コンサルを受ける前はなかなか自分だけでは判断できず、
決断できなかったのですが、
竹内さんの経験、知識を教えていただけることにより、
迷い無く進むことができ全体的にスピードが上がりました。
ありがとうございます。

12月の売上げですが  売上361万 利益127万
目標の売上げ500万までいくことができず悔しい思いですが
今月利益は残せたのかなと思います。
計画ではもっと利益を残す計画でしたが、やっぱり悔しいです。

竹内さんに質問なのですが
(2012年前まではニート、無職、病気もして、
収入ゼロだった人間)から
どういう想いでここまでやってこられたのでしょうか?
ある程度のことはやろうと思えば誰でもできると私の中で思っていますが、
そのやろうとする気持ちをいかに強くもてるかだと思っています。
その強さの秘訣を教えてください。
答えづらい質問で申し訳ないのですが。

●●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問への、僕の回答は以下になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
僕の開始当初の稼ぐ動機は、
「生きるため」という究極的な動機があったため、
何が何でもAmazon輸入で稼ごうと思ったし、
稼げるまでやめなかったし、
寝てる以外の時間はリサーチをすることができました。
(儲かる商品を見つけなければ生きれなかったのですから
今日はダルいからやめようとか言ってられませんよね。)

僕の稼いだクライアントの方や仲間を見ていても、
会社に大きな不満があったり、
現状に大きな不満がある人ほど、
稼いで独立して人生を変えたいという動機が明確なので、
稼げるようになっています。

僕自身も、その頃、現状がすごく惨めでした。
まだ20代で若かったので何としても
この現状を変えたいと強く思っていました。
そのためにはAmazon輸入しかないと腹をくくっていました。

で、ガムシャラに行動して月利50万円程度稼げるようになって
自分で稼いで生きれるようになったのは嬉しかったです。

その後の成長は、環境が大きかったように思います。
月収100万円無いと人間とも思われないようなコミュニティに入っていたし
月収200万円稼ぐのを目標にしたチームに入ったり、
稼いでるのが当たり前という環境に自ら身を置いていたので
自然とやることはやりました。
本の著者が多い環境にもいたので本を出すことも苦無くできました。

以上より僕は、何かを成すために行動する事においては、
まずは自分の強い意志が必要になると思います。
そして、その行動を継続するためには、
そのモチベーションをキープさせてくれる
環境が必要だと思っています。

今後の参考にしていただければ幸いに思います。
更なる飛躍を期待していますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

掲題の、なぜ竹内は稼げたのか?ということですが、
回答のように、自分の強い「意志」+「環境」が要因として
大きかったと思っています。

ゆえに、「意志」の強い人を集めた
竹内ゼミという「環境」を今年は提供し、
稼げるチームを本気で作ろうと思い運営している次第です。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>