開始4ヶ月で月利127万円達成のクライアント

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、開始4ヶ月で月利127万円達成のクライアントのお話をします。

先月は年末ということもあり、
多くのクライアントの方が結果を出しました。

以前にこのメルマガで
「開始2ヶ月で月利68万円達成のクライアント」を紹介したのですが、

その方が、
その2ヶ月後の先月に月利127万円まで伸ばしていました。

以下の連絡をいただきましたので掲載させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
竹内さん

あけましておめでとうございます。
この度はありがとうございました。
初めに一度会ってくださいという無茶なお願いに
答えていただき本当にありがとうございました。

コンサルを受ける前はなかなか自分だけでは判断できず、
決断できなかったのですが、
竹内さんの経験、知識を教えていただけることにより、
迷い無く進むことができ全体的にスピードが上がりました。
ありがとうございます。

12月の売上げですが  売上361万 利益127万
目標の売上げ500万までいくことができず悔しい思いですが
今月利益は残せたのかなと思います。
計画ではもっと利益を残す計画でしたが、やっぱり悔しいです。

竹内さんに質問なのですが
(2012年前まではニート、無職、病気もして、
収入ゼロだった人間)から
どういう想いでここまでやってこられたのでしょうか?
ある程度のことはやろうと思えば誰でもできると私の中で思っていますが、
そのやろうとする気持ちをいかに強くもてるかだと思っています。
その強さの秘訣を教えてください。
答えづらい質問で申し訳ないのですが。

●●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開始4ヶ月目で月利127万円達成は本当に素晴らしいと思います。
(後半の質問への回答は、また次回以降のメルマガで書きます。)

しかも利益率も35%を超えています。

この方は、以前に国内から仕入れるせどりをしていましたが、
市場が小さいため、頭打ちになり
僕のやり方でAmazon輸入をしたいと連絡がありました。

僕のAmazon輸入の手法は、単なる転売ではなく、
上流から仕入れる直接取引をメインで教えているので
(もちろん資金の無い初心者は転売から教えていますが)
上手くいく方はこのように急激に利益を伸ばす方もいます。
しかもこの方のように利益率が高い方もいます。

「竹内さんの経験、知識を教えていただけることにより、
迷い無く進むことができ全体的にスピードが上がりました。」
というように、行動に迷いがなくなり自信を持てるように
なれば、あとはひたすらガンガン進むだけです。

僕自身もそうであったように、
自分でビジネスをするのは不安が多いと思います。
この不安さえ取り除くことができれば、
あとは正しい方法をガンガン実践するだけになり、
稼げるようになります。(もちろん圧倒的に行動してほしいですが)

ぜひあなたも結果を出している人から学び、
不安を取り除き、その人の言う正しい手法を
迷う事なく突き進んでほしいです。
どんなビジネスでも、それが一番の近道ですね。

さらには、僕がメーカー卸、独占販売権という手法を
独自の理論で、Amazon転売市場に持ち込んだように、
自分で突き進んだ先に、その師匠も言っていないような
独自ノウハウを発見し確立できれば、
一気に飛躍することができると個人的には思っています。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>