妻にAmazon輸入を反対されました

こんばんは、竹内亮介@香港です。

(本日に帰国します!
連絡が遅れている方がいましたら申し訳ありません!)

さて本日は、「妻にAmazon輸入を反対されました」
という話をします。

なぜこのような話をするのかというと、
以前に、僕のコンサルティングを受けるか悩んでいる方から
以下のメールをいただいたからです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お世話になります。
申し訳ありません、ちょっと妻の反対にあって説得中です。
少し待って下さい。
もしなにかいい説得する言葉でもあったら教えてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕は以下のようにお答えしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●さん

了解しました。
説得する言葉ということですが、
具体的にどの点に反対しているのか
この文面からだけではわりません。

Amazon輸入ビジネスに
反対しているようでしたら
僕の本を渡してみてください。
輸入ビジネスは
輸入した商品を扱い利ざやを得るビジネスなので、
かなり堅実なビジネスなのがわかるはずです。
太古の昔からあるビジネスです。

売り場がAmazonなので、
あまりインターネットに詳しくない方は、
よくわからないという漠然とした点から、
怪しいと思うと思います。

少し詳しい方でしたら、
Amazonの媒体を使わないのは
むしろもったいないと感じるはずです。

奥さんの気持ちもわからなくはないので、
まず、しっかりどんなビジネスかを伝えるのがよいです。
真っ当なビジネスです。

あと、僕のコンサルに反対ということでしたら、
僕の本を見せればいいと思います。
歴史ある出版社が、嘘の本を出さないはずです。
(秀和システムは、僕が生まれる前からあります。)

あとは、●●さんの
やりたいという熱意を伝えることです。

これでもどうしても奥さんが
反対のようでしたら、
無理してコンサルティングを受ける必要はありませんので、
またご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ読者さんと連絡していると、
ご自身は本気でビジネスをしたいのだけど、
奥さんや周囲が反対するので
迷っているという方が以外に多い気がします。

大抵の場合、
「Amazon輸入て何?」
「よくわからない」
という漠然とした点から、
反対されるケースが多いです。

奥さんの情報不足というケースがあるので、
上記を参考に、しっかりどんなビジネスかを
明確に伝えるのがよいです。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>