対面コンサル募集最終日〜Amazon輸入が誰でも稼げる理由〜

本日は、Amazon輸入が誰でも稼げる理由をお話しします。

Amazon輸入は特別なスキルも知識も必要ないので、
誰にでも稼ぐことができます。

ネットショップを作る必要もなく、
アフィリエイトのように、ブログやHPを作る必要もありません。
文章を書くスキルも
広告の知識も必要ありません。
専門的な知識が必要なわけでもありません。

株、FX、不動産のように
リスクが高いことをする必要もありません。

ただ、海外(あるいは国内)と価格差を見つけて、
日本のAmazonで売るだけだからです。

僕の三年前のように
何もない個人でも簡単に参入できます。
学歴、スキル、才能はいっさい関係ありません。

現在思うような結果が出ていない方も
具体的なやり方や
現在稼いでいる人がどうやっているかがわかれば、
誰にでも稼ぐ事はできると思っています。
その方法を素直に真似するだけで稼げるからです。
(僕のやり方なら、誰にでも結果を出すことは可能です。)

これを愚直に続けていけばサラリーマンの何倍もの
収入になるわけです。

しかし、
どれだけ根性を入れて努力しようとも、
その努力の方向性が間違っていたら、
なかなか稼ぐ事はできませんし、
なかなか自由になることもできません。

むやみやたらに商品リサーチ、
海外ショップ、セラー、メーカーに
交渉メールを送っても
良い仕入れ先はなかなか見つからないでしょう。

では僕がどのように儲かる商品をザクザク見つけ、
ザクザク仕入れ先を見つけ、
そして交渉してガッツリ稼いでいるのか?

こういったことも
現在募集している僕の対面コンサルで教えます。

具体的なアプローチの方法も伝授しますし、
大きく稼ぎ、自由になる方法も教えます。

というわけで、
Amazon輸入は誰でも稼げますので、
戦略、考え方、
正しい努力の方向性、
正しいやり方を実践したい場合は、
今回の僕の対面コンサルに
是非お申し込みいただければと思います。

(自分で言うのもおこがましいですが、)
「直接会って稼いでいる人と話す事」
これこそが、結果を出すための最短ルートだと、
思っています。

少々高額だと感じる方もいるかもしれませんが、
少額で募集すると
高額費用をいただいている
他のクライアントにかなり悪いです。

また言い方は悪いですが、
少額だとクレーマーやアンチのような方々でも
誰でも受けられてしまうため、
一定の金額を設定させていただきました。
その分、秘匿性の高いことは当然話します。

逆にこれが高いと思う人は、
損して得取れのビジネスには向いていないか、
そもそも僕に価値を感じていないか
どちらかだと思います。

今回は少人数のみに提供しようと思っていますので、
そういう方は絶対に申込まないでください。

価格以上の価値を感じ、
3年前の僕のように、
「絶対に稼いで人生を変えてやる!」という
強い気持ちのある方のみ
ご応募いただければと思います。

それでは、本日で僕の対面コンサルティングの
募集は締め切りです。

希望者は本日中にご連絡いただければと思います。

ぜひ今月、【長野・金沢・静岡・名古屋】で
お会いして話しましょう!

対面コンサルティング概要
http://takeuchi01.com/1574/

コンサルティング実績
http://takeuchi01.com/users-voice/

(期限:本日8月11日 23時59分まで)

ちなみに、
今月に【関東、関西、福岡】で開催してほしいという
方がもしいましたら、
そういった方もご連絡いただければ幸いに思います。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>