竹内がAmazon輸入で常に考えていること

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、竹内がAmazon輸入を実践する上で
常に考えていることを書こうと思います。

それは、
「Amazon上の商品は、全ての商品が儲かる商品だ」
ということです。

よくよく考えると、
儲かる商品だからAmazon上にページが作られているわけですし、
儲かる商品だからそこに出品者がいるわけです。

単純に、「Amazon日本」と「Amazonアメリカ」で
現在の価格差だけ一辺倒に見ているから
儲からないということになるわけです。

私生活をしていても感じるのは、
儲かるからその場所に実店舗があったり、
昨日に書いたように
花火大会でも路上にお店があったりするわけです。

その人たちと同じことをして販売をすれば、
利益を出せるということになります。

というわけで、Amazonの話しに戻すと
「Amazon上の商品は、全ての商品が儲かる商品だ」
と考えることが重要です。

中にはページ作成者のミスで全然売れない商品もありますが、
基本的にAmazon上にページが作られていて、
そこに出品者がいるのですから、
何かしらの方法で、儲ける方法があるわけです。

「Amazon日本」と「Amazonアメリカ」で
現在の価格差がないのならば
他の方法を考えてみましょう。

Amazonでの販売では、
そこをきっちり考えたり、
丁寧に仕入れ先を探す工夫が
最も大事な作業になると僕は考えています。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>