転送会社に商品を溜めすぎないようにしよう

こんばんは、竹内亮介です。

コンサルティングをしていて
クライアントの方からよくいただく悩みとしては、
商品を輸入して、出品する頃には、
ライバルセラーが増えてしまい、
価格競争になり、販売価格が下がってしまうということです。

(僕自身も初心者の頃はそうでした)

リサーチした時の価格と、
FBAに納品して出品するときの価格は、
時間が経つと当然変動してきます。     

それなので、
できるだけ速く納品することを心がけた方がいいです。

このようなことを防ぐためにも、
転送会社に商品をためすぎないことが大事です。

転送会社に商品をためればためただけ、
その分、転送コストは下がります。

しかし、ためすぎることによって、
日数が経過し、ライバルが参入してきて、
販売価格が下がってしまっては本末転倒です。

スピードを意識して速く出品して利益が取れると、
商品リサーチに自信が出てきます。

そして自信がついてくると、仕入れ量も増えてきます。

仕入れ量が増えてくると、
さらに転送コストが下がり、利益が増えてきます。

このように、とても良いサイクルができてきます。

一方、出品が遅いために値崩れが起き、赤字になると、
商品リサーチに自信がなくなります。

そして自信がなくなると、仕入れるのが怖くなります。

仕入れ量が減るということは、
転送コストが上がるということです。

結局、利益が出なくなり、稼げないといった、
悪いサイクルができてしまいますので注意してください。

また、転送スピードが遅いと、
転送会社に商品が眠ってしまい、
資金が回収できなくなり、
次の仕入れができないということになりかねません。

なお、カード枠の状況などもあると思いますが、
一週間に一度は転送するというように、
転送サイクルを決めてしまうといいですね。

毎週転送すれば、
毎週Amazonに商品が納品されることになります。

毎週納品されると、商品の回転も良くなりますし、
資金繰りが良くなります。

MyUSの場合は、土日は休みなので、
日本時間の毎週金曜日24時(深夜0時)頃までには
発送依頼をかけるといいでしょう。

金曜日に発送依頼をかけると
だいたい木曜日頃には
日本のAmazonに納品できるようになります。

リサーチ、仕入れを転送日に合わせて毎週行うようにすると、
スピードと稼ぎが増していきます。

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>