新規商品ページを作成しよう

こんばんは、竹内亮介です。

本日は天気が良かったですね。
 
最近は朝方生活を満喫していますので、
午前中に散歩をすると本当に気持ちがいいです。

フレッシュジュースを飲み、
午前中軽く仕事をして、
最近は、昼は毎日ステーキランチをしています 笑

さて、本日は、
新規商品ページを作成しよう!です。

 
僕は、Amazon輸入で最速で結果を出す方法としては、
すでにセラーが扱っている商品ページに、
相乗り出品の形で出品するのが王道パターンだと思っています。
 
この方法だと、
すでに存在するページに出品するので、
簡単に出品することができます。
 
また過去のデータも取りやすいですし、
GoogleやYahoo!の検索でも上位表示されますので、
売れないというリスクは限りなく低いです。
 
しかし、相乗り出品は、
その分ライバルも簡単に出品できますし、
参入者が多くなるのは事実です。
 
参入者が多くなると、価格競争になるリスクがあります。
 
そういったリスクを回避するために、
新規商品ページを自分で新しく作成することができます。

しかし、新規商品ページは、
検索に表示されるまでタイムラグがありますし、
絶対に売れるという確証がありませんのでデメリットはあります。

また、自分で新しく商品ページを作成しても、
商品が売れてきたら、
そのページがライバルに見つかってしまい、
相乗り出品されてしまう可能性もあります。

メリットとデメリットはありますが、
未開拓の市場を作ることができるので、
新規商品ページ作成は
独壇場で商品が販売できる可能性を秘めています。
 
 
以下の条件を満たしていれば
新規商品ページ作成できますので、
ぜひ実践してみてください。

1.大口出品者であること
2.JANコードが無い商品の登録権限を取得していること
 
 
1.大口出品はメリットがたくさんありますので、
Amazon輸入を本気で実践するならば、
大口出品登録をしましょう。
 
2.並行輸入品を出品登録しますので、
JANコードが無い商品の登録権限を取得しなければなりません。
 
Amazonでは、正規輸入品と区別するために、
並行輸入品はJANコードが無い商品として分類されます。
 
JANコードが無い商品を出品登録する際は、
登録権限を取得することが必要になります。
 
JANコードが無い商品の登録権限を取得するには、
Amazonのショップに
「特定商取引法に基づく表記」を記載するようにしてください。
 
その後、Amazonに申請をします。
申請はセラーセントラルの下にある
「テクニカルサポートにお問い合わせ」

→「在庫と商品情報」
→ 「商品登録および出品申請」
→ 「製品コード免除の許可申請・Amazon ブランド登録申請」

と進み、必要情報を入力し申請をしてください。
審査が通れば、Amazonから申請許可のメールが届きます。
(審査が通らなかった場合はAmazonが訂正箇所を教えてくれますので、
訂正をしてください。)
 
 
新規商品ページ作成の手順は、
セラーセントラルの「在庫」タブから、
「商品登録」をクリックし、
次の画面で「商品を新規登録」をクリックし、
必要情報を入力して進み、登録をしてください。

なお、
売れる商品ページを作成するコツは、
すでに売れているページを参考にして、
できるだけ同じように真似をすることです。

正規品ページを参考にしたり、
同じカテゴリーの人気商品を参考にしてみるといいでしょう。

それでは、新規商品ページを作成し、
あなたのビジネスをステップアップさせていってください。

明日は、
「どんな商品を新規登録すればいいのか?」
を具体的に書きますのでお楽しみに!

 
竹内亮介

 

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>