僕の人生を劇変させたメルマガ

こんばんは、竹内亮介です。

本日は、僕の人生を劇変させたメルマガをご紹介します。
http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

著書にも書いてますが、
僕は2011年まではニート、無職のどん底の人間でした。

収入ゼロ、散髪に行くお金もありませんでした。
ビジネスのビの字もわからない男でした。

しかし、2010年の夏頃、
Twitterが流行っていた頃に
Twitter経由で、ネットビジネスの存在と、
川島和正さんのメルマガを知りました。

最初は怪しいと思っていたのですが、
毎日メルマガを読むにつれて、
どん底だった僕の砂漠の心に
川島さんの文章が
どんどん染み入っていくのがわかりました。

このメールマガジンを読んで成功者の価値観に触れたことにより
ゼロだった収入はどんどん上がっていきました。

2012年 輸入ビジネスをスタートしてある程度稼げるようになり、
自分の力だけで生きていけるようになる

2013年 情報発信をして月収100万円を稼げるようになる
独占販売権を獲得し、輸入ビジネスでも月収100万円稼げるようになる

2014年 法人化、出版が決まる
収入はさらに何倍にもなるが、自由な時間がさらに増える

周囲も驚いていますが、
正直、自分が一番驚いていたりします。

現在は、自由な時間を満喫し、
ビジネスだけでなく、
いつでも気軽に長期で海外旅行に行けるようになったし、
毎日美味しいものを食べられるようになったし、
素敵な仲間にも恵まれるようになりました。

このメールマガジンを読んでいなかったら、
今の自分は絶対にないと断言できます。

僕が唯一、毎日読んでるメルマガです。
完全無料ですので、ぜひチェックしてみることをオススメします。

http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

なお、竹内は川島塾にも入っていますが、
そこで教えてもらう内容は
実はメルマガでもかなり公開されているのです。

http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

そんな川島和正さんからのメッセージを
ぜひ見てみてください↓

こんにちは。川島和正です。

私、川島和正は、●●に出会ったおかげで
7年連続で年収1億円以上になれました!

そして今ではビーチの見える150平方メートルの家に
引越し、海を散歩したり、美味しいものを食べたり
女性と遊んだり、世界を旅したりしながら
毎日楽しく暮らしています!

著書も9冊出版し、うち2冊は日本を代表する
超有名人2人に帯を書いてもらい
累計50万部のベストセラーになりました!
あなたも、今日から無料で●●を学んで、
川島のような夢の生活を手に入れてみませんか?

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

★ 学び方は無料でかんたん!

学び方は、とってもかんたんです!
毎日1分メールマガジンを読むだけ!

もちろん、読んだだけでは何も変わりませんが、
読んでいると、やり方がわかって、やる気もでるので、
自然と成長して、成功していけるでしょう!

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

★ 信頼性バツグン!

川島のメルマガは
日本一のメルマガ配信スタンド「まぐまぐ!」で
読者数が一番多い35万部のメルマガです。

ここまで目立っていると、さすがに
信頼できる情報しか配信できません!

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

★ どんな内容のメルマガなんですか?

自宅のパソコン一台で稼げる最新の稼ぎ方から、
日々の生活にちょっと役立つ情報まで
幅広く紹介しています。

例えば、最新アクセスアップノウハウ、
最新メルマガ読者数アップノウハウ、
最新アフィリエイトノウハウ、

また、大富豪の思考パターン、悩みを減らす方法
心身ともに健康になる秘訣、洗脳から逃れる方法
グルメ&旅行関連お得情報、モテ度アップ方法などです。

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

★ 本当に役に立つメルマガなの?

本当に役に立つ情報なのか
わからないと思いますので、
メルマガ読者さんの「感想の声」をご紹介いたします。
・川島さんのメルマガを読んで、3年くらいになりますが、
3年間で年収が数千万になり、本を出版したりできるようになりました。

・よりよく生きるためのペースメーカーとして活用させてもらっています。
たくさん読んでいたメルマガを削って3つに絞りました。
その中の一つが川島さんのメルマガです。

・このメルマガの編集後記は必ず読みます。
何故かわかりません。でも開封せずに捨てることができないのです。

・私は、川島さんのお陰で、
原発が爆発した時の対処や危険性を知ることができました。
幾度も幾度も放射能物質を避ける方法や、
メディアでは流されない貴重な情報を発信していただいて感謝しています。
もし川島さんのメルマガをとっていなければ、
気づかなかったかもしれません。
子供を少しでも被爆から遠ざけることができているのは
川島さんのメルマガのお陰です。

・いつもメルマガ大変参考になっています。
非常に客観的で、人が気づいていても言えない様なポイントや、
感情の深い部分の考察がためになります。

・毎日楽しみに読んでいる、唯一のメルマガです。
川島さんのメルマガで、人生の選択に大きな影響を受けました!

・川島さんのメルマガは、儲けに直結する話から、
健康的に生きる話まで、おもしろい話が多いので、
毎日読んでいても飽きません。
また、このメルマガを読んでおけば、
他のメルマガは読まなくても情報ビジネスの流れがわかるので、
とても重宝しています。

・ほぼ毎日読んでいます。人生において参考や勉強になります。
不調の時も読む気になる内容です。
これからも継続していくつもりです。ありがとうございます。

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

★あなたも、数年後には夢がかなう!

メルマガを読んでいるだけで
あなたの夢が全てかなうということはありません、、、

でも、メルマガを読んでいれば、
小さな夢が少しずつかなうようになります!

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

★ メルマガ登録は、無料でかんたん!
川島のメルマガに登録するのは、とってもかんたんです!
お金も一切かかりません!

下記のURLからメールアドレスを入力して
「登録する!」ボタンを押す。たったこれだけです。

ぜひ、この機会に登録して、人生を変えてみてください!

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

★ 川島和正プロフィール

1979年東京生まれ。元々は平凡なサラリーマンだったが、
読書して各種ノウハウを学び実践したことにより、
7年連続年収1億円、累計50万部のベストセラー出版、
50か国以上の旅行、有名タレントとの同棲生活など、多くの夢を叶える。

そして、現在では、パソコン1台で世界中どこに行っても
仕事ができる生活を確立させ、香港を拠点に世界を自由に飛び回っている。

2014年12月現在、配信している無料メールマガジンは、
個人としては日本一の登録読者数(まぐまぐ!調べ)。

配信している無料ブログ「川島和正オフィシャルブログ」は、
アメブロ公式芸能人有名人ブログ。

なお、平凡なサラリーマンだったところから
現在に至るまでの過程を、ほぼ全てブログで公開している。
また、川島がチェックしている最新情報を、メルマガで公開している。

そのため、その方法を学んで川島のようになっていく人が、
最近続々と増えている。
さらに詳しいプロフィールはコチラ

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/796731/SjDLuuUB/

竹内亮介

★よろしければぜひ応援クリックしていただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

★竹内亮介とLINE友達になっていただけると嬉しく思います↓

竹内への連絡は基本的にこちらからしていただければと思います。
LINE@だけの企画とか、LINE@だけの情報も配信予定です。

スマホからはコチラをクリック後確認ボタンを押すだけでOKです。

友だち追加

もしくは「@takeuchi」でID検索ください。(@をお忘れなく!)

※LINEにいただいたメッセージは全部手動で返信してます!
※LINE登録のお礼に竹内の著書の一部と、
Amazonを使って10万円の利益を稼ぐ方法の教材を即お届けしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>